新しいブロックチェーン技術の自動運転車プロジェクトを開発

4月23日に発表されたプレスリリースによると、リノのネバダ大学でのプロジェクトは、新しいブロックチェーン技術の自動運転車プロジェクトを開発中です。

ネバダ大学リノ校とネバダ応用研究センター(NCAR)が調整したインテリジェント・モビリティープロジェクトは、自動運転車スマートシティプロジェクトを開発するために、エンタープライズブロックチェーンとInternet of Things(IoT)の企業であるフィラメントを選択しました。

プレスリリースによると、新しいブロックチェーン対応のイニシアチブは、無人コネクテッド搭載の車と周囲のインフラの間の安全性を向上させることを目的としています。

ネバダの応用研究センターのディレクター、カルロス・カーディロ氏は、道路上の接続車両の数が増えると、さまざまなIoTデバイスの数が増え、潜在的に脆弱性を生み出す可能性があると説明しました。そのため、ブロックチェーンの実装はデータの完全性標準を拡張することを目的としている、とカーディロ氏は述べました。

同大学は間もなく、分散型のテクノロジを通じてコネクテッドマシンに価値を提供するために設計されたツールである、フィラメントのブロックレットテクノロジーの模擬テストを開始する予定です。

この技術の統合により、ブロックチェーントランザクションによる検証済みのデータ交換が可能になり、信頼できるイベントの記録が可能になると伝えられています。

フィラメントのCEO、アリソン・クリフトジェニングスは、同大学のテスト車両はブロックレットが検証したデータ送信のみを受け入れ、潜在的な悪者や中間者攻撃から保護すると述べた。

ブロックチェーンによる自動運転車の開発に今後も注目されるでしょう。

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事