匿名送金技術を使ったビットコイン決済の割合急増

仮想通貨での取引決済はBTC(ビットコイン/BTC)支払いの4.09%を占めています。

受信者に送信される前に複数のトランザクションを混合することによって、この手法は送信者の詳細を隠す方法と見なされます。
このデータは、ビットコインユーザーにさらに高いレベルの匿名性を提供することを目的とした製品、Wasabi Walletを運営する会社のCTOであるAdam Fiscorによって提供されました。それはコインジョイン取引が2013 - 14年以来最高レベルに達したことを示しています。

世界中の政府がブロックチェーンでの取引の監視を強化するにつれて、コインジョインの人気が高まっています。法執行機関は、コインアナライシスなどの専門企業を使ってハッカーや犯罪者を暗号化しようとしています。

プライバシーコインはBTCに代わるものとして宣伝されていますが、国によってはプッシュバックが発生しています。 フランスの当局者は、彼らが完全に禁止されるべきであると提案しました、一方中国は最近、業界の健全な発展に貢献するように意図されている新しい反匿名性規制を施行しました。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事