様々なアルトコインの中で特に注目を浴びている仮想通貨「Stratis(ストラティス/STRAT)」についての情報をまとめています。

「Stratis(ストラティス/STRAT)」の特徴や将来性、購入方法(買い方)について分かりやすく説明しています。

是非、参考にご覧ください。

「Stratis(ストラティス/STRAT)」の現在の価格・時価総額・出来高・チャート

/ /

「Stratis(ストラティス/STRAT)」はどんな仮想通貨?

Stratis(ストラティス/STRAT)は略号はSTRATといいます。STRATは2016年8月に公開されました。

.NET Framework(アプリ開発環境)のC#(プログラミング言語)を使った使いやすい&手頃な価格でのビジネスソリューションを提供する事がコンセプトです。企業が簡単にブロックチェーンを導入できるような開発が進んでいます。

「Stratis(ストラティス/STRAT)」の特徴・仕組み

「Stratis(ストラティス/STRAT)」は上記にも記載があるように企業が簡単にブロックチェーンを導入できるような開発を進めています。

  • ブロックチェーンに対する知識が少ない企業でもアプリを開発・利用できる。
  • サイドチェーンを利用したネットワーク。(Tumble Bitによる匿名性)
  • C#で構築できる

ブロックチェーンに対する知識が少ない企業でもアプリを開発・利用できる

Stratis(ストラティス/STRAT)はBaaS(Blockchain as a service)という理念があり、これはユーザーがただプラットフォームを通して選択するだけでコンテンツを手軽に利用できるような環境を構築する目標のことを指します。

なので、ブロックチェーンに対する専門的な知識は乏しくてもアプリを開発・利用することが可能になっています。

サイドチェーンを利用したネットワーク。(Tumble Bitによる匿名性)

サイドチェーンを利用してStratis(ストラティス/STRAT)のメインチェーンと他の仮想通貨プラットフォームのブロックチェーンとの間にプライベートなブロックチェーンネットワークを構築することができます。

それによって、本来仮想通貨の取引はオープンで他の人の取引を誰でも見ることができますが、TumbleBitはそのビットコインの取引に匿名性を保つ事が出来るようになる仕組みになっています。

C#で構築できる

C#というのはプログラミング言語のことで、人気度の指標では2018年3月時点で第5位されています。

ブロックチェーンは開発環境が特殊なため、開発者を確保するのが難しいという現状があり、そこでStratisではC#でブロックチェーンを開発できる環境を提供しており、開発者不足の問題を解消し、一般企業にブロックチェーンを普及してくれるプラットフォームがStratisとなっています。

以上3つの特徴があり、今後の将来性や成長なども大きく秘めている仮想通貨になります。

「Stratis(ストラティス/STRAT)」の将来性

やはり投資をするにおいて大切なのが今後の将来性についてですが、仮想通貨がもっと社会に浸透していった場合ブロックチェーンを応用したシステムを会社で導入したいという企業は増えると思います。

ブロックチェーンが様々な分野で応用されれば今後の将来性は高くなると思いますし、今後そのニーズにこたえることができればかなり将来性は大きいと思います。

また、開発状況等しっかり報告されており、投資をする面に関しても状況等把握できるので安心です。

「Stratis(ストラティス/STRAT」が購入できる取引所

STRATが購入できる取引所は、海外の仮想通貨なので日本の取引所では扱っていません。海外の取引所は以下の通りです。

「BINANCE(バイナンス)」で「Stratis(ストラティス/STRAT)」を購入する方法

上記で紹介した取引所の中でも取扱い銘柄の多い取引所であるBINANCE(バイナンス)でのStratis(ストラティス/STRAT)の買い方を解説します。

手順1:「BINANCE(バイナンス)」にログインする。

BINANCE(バイナンス)にログインしたら、右上の「ログイン」をクリックしてください。

登録したメールアドレスとパスワードを入力したら「Login」をクリックしてください。

こちらはBINANCE特有のセキュリティ対策となります。

赤枠の箇所をクリックしたままにして、右にスライドさせてパズルをはめるようにしてください。

二段階認証を設定していたら、二段階認証の6桁のコードを入力したら「Submit」をクリックしてください。

手順2:「BINANCE(バイナンス)」で「BTC(ビットコイン)」を受け取る準備をする

バイナンスにログインしたら、ファンドをスライドさせて「預金」をクリックしてください。

預金画面に行ったら、赤枠より「BTC - ビットコイン」を選択してください。

BTC預金住所のアドレスが表示されますので、コピーしてください。

手順3:「bitflyer(ビットフライヤー)」で「BTC(ビットコイン)」を送金する

bitFlyerでビットコインを送金するので先にビットコインを購入しておいてください。

ビットコインを購入後、bitFlyerにログインしたら「入出金」をクリックしてください。

赤枠の「BTCご送付」をクリックするとビットコインの送付画面になります。

ラベルは送り先の取引所の名前、ビットコインアドレスは先ほどバイナンスの画面でコピーしたアドレスを入力して「追加する」をクリックしてください。

後は送付数量を入力して優先度を決めれば送金が完了します。

 優先度によって送金速度が変わってきますが手数料が上乗せされるため、もし優先度を上げたい場合は必要に応じて使ってください。

手順4:「BINANCE(バイナンス)」で「Stratis(ストラティス/STRAT)」を購入する

バイナンスにビットコインが送金されたことを確認しましたら、交換をスライドさせて「基本的な」をクリックしてください。

右の赤枠より「STRAT」検索し選択して、クリックしてください。

 クリックしても画面が変わらない場合がありますので、その時は更新ボタンで更新してください。

STRATをクリックしたら、「STRAT購入」の上のところの「量:」より何BTCでSTRATを購入するか設定したら「STRAT購入」をクリックするとSTRATの購入が完了します。

管理人のコメント
「Stratis(ストラティス/STRAT)」は上記でも説明したように一般の企業でもブロックチェーンを取り入れれるように開発が進んでいます。今後はどんどん欲しがる企業もあるため世間的にニーズはとてもありますし、将来性も大きいと考えます。仮想通貨やブロックチェーンは本格的に注目され始めてきたら大きなイノベーションが起こる可能性も十分ににありますので今後の将来性に期待して購入しておいてもいいかもしれませんね。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事