様々なアルトコインの中で特に注目を浴びている仮想通貨「Hshare(エイチシェア/HSR)」についての情報をまとめています。

「Hshare(エイチシェア/HSR)」の特徴や将来性、購入方法(買い方)について分かりやすく説明しています。

是非、参考にご覧ください。

「Hshare(エイチシェア/HSR)」の現在の価格・時価総額・出来高・チャート

/ /

「Hshare(エイチシェア/HSR)」はどんな仮想通貨?

Hshare(エイチシェア/HSR)は2017年に公開されたトークンです。略号は「HSR」です。

トークンとは仮想通貨と引き換えができる引き換え券のようなもので、Hshare(エイチシェア/HSR)はまだ仮想通貨としての機能は実装されていません。

近々開発される仮想通貨「Hcash(エイチキャッシュ)」と引き換えができるトークンとして販売されています。将来的にはHshareは破棄され、Hcashに変わります。

「Hshare(エイチシェア/HSR)」の特徴・仕組み

Hshare(エイチシェア/HSR)は上記でも記載があるようにまだ仮想通貨としての機能は実装されていないトークンです。種類豊富な仮想通貨をつなぐ目的で今後は期待されています。

  • ゼロ知識証明を採用
  • あらゆる仮想通貨と繋がるアルトコイン
  • 保有者に、Hcashの動向の決定権がある

ゼロ知識証明を採用

Hshareは、暗号技術の中でも最も匿名性が高いと言われている「ゼロ知識証明」を採用しています。通常のブロックチェーンだと「送金者アドレス」「受信者アドレス」「取引金額」の3点はブロックチェーン上のトランザクションに記述されてしまうため、分散型台帳を遮りアドレスの監視を行うことで、仮想通貨の多額所有者を特定することが可能でした。

ですが今回の「ゼロ知識証明」はこれらの3つの情報を公開せずにトランザクションを処理するので最も匿名性が高いと言われています。

あらゆる仮想通貨と繋がるアルトコイン

Hshare(エイチシェア/HSR)の目的はほかの仮想通貨とつながり、仮想通貨の価格も情報も共有できるプラットフォームになることです。これにはメインのブロックチェーンにつながる「サイドチェーン」があります。

これによってビットコインや様々なアルトコインと繋がることが可能になっています。それを可能にしているのが有向非循環グラフ(DAG)といいます。

これは一般的なブロックチェーンの抱える取引承認速度の複雑さを解決しています。DAGでは、新しいトランザクションが生まれるとき、前の二つのトランザクションを参照するだけで済むので、ブロックチェーンのように承認に必要なデータ量が増えるといった問題がありません。

保有者に、Hcashの動向の決定権がある

トークン保有者の全員が今後の動向に関して投票権を持っていると言うのもとても面白いポイントになっています。
プロトコルの更新やPOSマイニングのアップグレードなどの重要事項の意思決定に、リアルタイム制の動的な投票システムを通して参加することができます。

「Hshare(エイチシェア/HSR)」の将来性

Hshare(エイチシェア/HSR)は開発中のトークンであり、仮想通貨のHcashと引き換えができるとされています。

DAGの採用によって時系列にトランザクション処理が可能になる、大幅な時間短縮が期待できます。そして異なるブロックチェーン同士を結びつけ、価値の移動が可能な点も他の仮想通貨に内点として注目を集めています。

将来的には仮想通貨の中心に位置し、大きな役割を果たすのではないかと高く期待されているので注目の仮想通貨です。

「Hshare(エイチシェア/HSR)」が購入できる取引所

HSRが購入できる取引所は、海外の仮想通貨なので日本の取引所では扱っていません。海外の取引所は以下の通りです。

「BINANCE(バイナンス)」で「Hshare(エイチシェア/HSR)」を購入する方法

上記で紹介した取引所の中でも取扱い銘柄の多い取引所であるBINANCE(バイナンス)でのHshare(エイチシェア/HSR)の買い方を解説します。

手順1:「BINANCE(バイナンス)」にログインする。

BINANCE(バイナンス)にログインしたら、右上の「ログイン」をクリックしてください。

登録したメールアドレスとパスワードを入力したら「Login」をクリックしてください。

こちらはBINANCE特有のセキュリティ対策となります。

赤枠の箇所をクリックしたままにして、右にスライドさせてパズルをはめるようにしてください。

二段階認証を設定していたら、二段階認証の6桁のコードを入力したら「Submit」をクリックしてください。

手順2:「BINANCE(バイナンス)」で「BTC(ビットコイン)」を受け取る準備をする

バイナンスにログインしたら、ファンドをスライドさせて「預金」をクリックしてください。

預金画面に行ったら、赤枠より「BTC - ビットコイン」を選択してください。

BTC預金住所のアドレスが表示されますので、コピーしてください。

手順3:「bitflyer(ビットフライヤー)」で「BTC(ビットコイン)」を送金する

bitFlyerでビットコインを送金するので先にビットコインを購入しておいてください。

ビットコインを購入後、bitFlyerにログインしたら「入出金」をクリックしてください。

赤枠の「BTCご送付」をクリックするとビットコインの送付画面になります。

ラベルは送り先の取引所の名前、ビットコインアドレスは先ほどバイナンスの画面でコピーしたアドレスを入力して「追加する」をクリックしてください。

後は送付数量を入力して優先度を決めれば送金が完了します。

 優先度によって送金速度が変わってきますが手数料が上乗せされるため、もし優先度を上げたい場合は必要に応じて使ってください。

手順4:「BINANCE(バイナンス)」で「Hshare(エイチシェア/HSR)」を購入する


バイナンスにビットコインが送金されたことを確認しましたら、交換をスライドさせて「基本的な」をクリックしてください。

右の赤枠より「WTC」検索し選択して、クリックしてください。

 クリックしても画面が変わらない場合がありますので、その時は更新ボタンで更新してください。

WTCをクリックしたら、「WTC購入」の上のところの「量:」より何BTCでWTCを購入するか設定したら「WTC購入」をクリックするとWTCの購入が完了します。

管理人のコメント
上記でも記載があるようにHshare(エイチシェア/HSR)は開発中のトークンであり、仮想通貨のHcashと引き換えができるとされています。
DAGの採用によって時系列にトランザクション処理が可能になる、大幅な時間短縮が期待できます。そして異なるブロックチェーン同士を結びつけ、価値の移動が可能な点も他の仮想通貨に内点として注目を集めています。
将来的には仮想通貨の中心に位置し、大きな役割を果たすのではないかと高く期待されているので注目の仮想通貨です。なので購入しておいてもいいかもしれません。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事