仮想通貨の歴史の中で、取引の匿名性の高さを売りにした初めての仮想通貨、「Bytecoin(バイトコイン/BCN)」についての情報をまとめています。

「Bytecoin(バイトコイン/BCN)」の特徴や将来性、購入方法(買い方)について分かりやすく説明しています。

是非、参考にご覧ください。

「Bytecoin(バイトコイン/BCN)」の現在の価格・時価総額・出来高・チャート

/ /

「Bytecoin(バイトコイン/BCN)」はどんな仮想通貨?

バイトコインはCryptoNoteという、世界初の匿名性に優れたアルゴリズムを採用した仮想通貨です。

歴史面でいうと、バイトコインが公開されたのは2012年の7月です。ビットコインが2009年、イーサリアムが2014年に公開されたということを考慮すると、仮想通貨の中でも、初期のものだということが見受けられます。

しかしながら、バイトコインと同じCryptoNoteのアルゴリズムを使用して、匿名性に優れたMonero(モネロ)という仮想通貨の方が注目を集めたためや、匿名性に優れた仮想通貨が他にも公開されてきたため、すっかりと他の名高いアルトコインに埋もれてしまっている傾向でもあります。

現在の仮想通貨の時価総額ランキングが14位であるバイトコインが一体どんな通貨なのか、仕組みから将来性まで解説していきます。

「Bytecoin(バイトコイン/BCN)」の特徴・仕組み

バイトコインの特徴として重要視すべきはやはりその匿名性にあります。
その匿名性を可能にしたアルゴリズムであるCryptoNoteには4つの技術が使用されています。

  1. リング署名
  2. ワンタイムキー
  3. キーイメージ
  4. ブロックチェーン分析抵抗

リング署名とは、誰が送信したのかわからなくする仕組みです。送信者を含む数名をトランザクションの署名に関わらせることで、他の人から誰が署名したのかわからなくする方法です。

ワンタイムキーは、peer-to-peer(通称P2P)支払いの度に単一で公開鍵から作られる使い捨て用のトランズアクションをさします。送信者自身のワンタイムアドレスと受信者である相手側の公開鍵を利用してワンタイムキーを生成します。送信者はこのキーの公開部分のみを作ることができ、受信者側のみが取引価格を知ることができます。したがって同じユーザーが送信者であり受信者であってもワンタイムキーを作ることが可能です。

キーイメージとは、リング署名をする際に、秘密鍵から一方的にできるキーイメージを生成し、複製されたキーイメージによる新しいリング署名を拒否することで二重支出を防止できる機能です。

ブロックチェーン分析抵抗とは、ブロックチェーンをツリー状に構築することで、ブロックチェーンの分析や追跡によるコインの流れをわからなくする技術です。

バイトコインのもう一つの大きな特徴として、ブロック生成時間が短いというこもあげられます。

仮想通貨におけるブロックとは、限定された時間内で行われた取引をまとめた1つの台帳のことです。例えばビットコインであれば、10分間の中で行われた取引を一つのブロックにして承認作業をすることで取引を成立させていく仕組みとなっています。

最近では取引量が多すぎるため、本来であれば送金時間が早く、手数料が安いはずの仮想通貨取引ですが、早い送金時間を確保するため追加の手数料を要求されることもおこり始めています。

これに対して、バイトコインのブロック生成時間は120秒です。さらに、その120秒ごとに65.000BCNがマイナーの方に報酬として配られているため、送金手数料を無料にすることを可能としています。

「Bytecoin(バイトコイン/BCN)」の将来性

バイトコインの特徴である、匿名性の高さや、送金処理の速さにおいてはかなり実用性の高い仮想通貨であると言えます。

しかしながら、どちらの特徴も後から誕生してきたアルトコインに個性も人気も抜かれてしまっているのが現状です。今の所、開発側で新たな取り組みなどをしているという情報は入ってきていないので、今の段階ではバイトコインにおける将来性に大きな期待はできないかと思います。

別の視点から考えると、現在ではより有名になりつつある仮想通貨の中で、匿名性の高いコインはまだまだ重宝される可能性は十分に見込めるので、他の匿名性の高いコインと共に高騰するチャンスもあると考えられるでしょう。

「Bytecoin(バイトコイン/BCN)」が購入できる取引所

バイトコインが購入できる取引所は、Poloniex(ポロニエックス)、HitBTC(ヒットビーティーシー)、Cryptopia(クリプトピア)など海外の取引所があります。

「Poloniex(ポロニエックス)」で「Bytecoin(バイトコイン/BCN)」を購入する方法

上記で紹介した取引所の中でも取扱い銘柄の多い取引所であるPoloniex(ポロニエックス)でのバイトコインの買い方を解説します。

手順1:「Poloniex(ポロニエックス)」にログインする。

Poloniex(ポロニエックス)にログインしたら、右上の「Sign in」をクリックしてください。

登録したメールアドレスとパスワードを入力したら「Sign in」をクリックしてください。

二段階認証を設定していたら、二段階認証の6桁のコードを入力したら「Continue」をクリックしてください。

手順2:「Poloniex(ポロニエックス)」で「BTC(ビットコイン)」を受け取る準備をする

Poloniex(ポロニエックス)にログインしたら、BALANCESをスライドさせて「DEPOSITS & WITHDRAWALS」をクリックしてください。

預金画面に行ったら、BTCの右側の「Deposit」をクリックしてください。

下の赤枠の「Deposit Address」をクリックしてください。

 上の赤枠の赤字より「このアドレスにはビットコイン以外の仮想通貨は送らないでください」という警告が出るのでビットコイン以外の仮想通貨は送らないようにしてください。

そうしましたら、ビットコイン送金のアドレスが表示されますので、コピーしてください。

手順3:「bitflyer(ビットフライヤー)」で「BTC(ビットコイン)」を送金する

bitFlyerでビットコインを送金するので先にビットコインを購入しておいてください。

ビットコインを購入後、bitFlyerにログインしたら「入出金」をクリックしてください。

赤枠の「BTCご送付」をクリックするとビットコインの送付画面になります。

ラベルは送り先の取引所の名前、ビットコインアドレスは先ほどポロ二エックスの画面でコピーしたアドレスを入力して「追加する」をクリックしてください。

後は送付数量を入力して優先度を決めれば送金が完了します。

 優先度によって送金速度が変わってきますが手数料が上乗せされるため、もし優先度を上げたい場合は必要に応じて使ってください。

手順4:「Poloniex(ポロニエックス)」で「Bytecoin(バイトコイン/BCN)」を購入する

Poloniex(ポロニエックス)にビットコインが送金されたことを確認しましたら、「EXCHANGE」をクリックしてください。

右上のUSDTを選択したのち、右の赤枠より「BCN」を選択して、クリックしてください。

 クリックしても画面が変わらない場合がありますので、その時は更新ボタンで更新してください。

管理人のコメント
メインの投資先の仮想通貨とはいかないまでも、特性を活かした上でリスクヘッジとして考えるのであれば、十分おすすめできる仮想通貨ではあります。今後もチェックしておくといいでしょう。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事