ブロックチェーンの技術を産業規模で利用可能にすることを目指して生み出されたプラットフォーム型仮想通貨、「RChain(アールチェーン/RHOC)」についての情報をまとめています。

「RChain(アールチェーン/RHOC)」の特徴や将来性、購入方法(買い方)について分かりやすく説明しています。

是非、参考にご覧ください。

「RChain(アールチェーン/RHOC)」の現在の価格・時価総額・出来高・チャート

/ /

「RChain(アールチェーン/RHOC)」はどんな仮想通貨?

アールチェーンは、仮想通貨イーサリアムの開発者が現在のブロックチェーン技術をより進化させることにより、今後商業や産業においてブロックチェーンテクノロジーを活かした取引を行えるネットワークの実現を目的としたプロジェクトです。

例えるならば、Visaのようなクレジットカード同様に、全世界で利用できる迅速な取引や、Facebookのようなコンテンツ送信機能といったことを可能とする新たなブロックチェーン技術を構築しようというものです。

現在の仮想通貨の時価総額ランキングが30位代を推移しているアールチェーンですが、一体どんな通貨なのか、仕組みから将来性まで解説していきます。

「RChain(アールチェーン/RHOC)」の特徴・仕組み

アールチェーンの大きな特徴として、Rho Virtual Machine(RhoVM)と、Namespaceの2つあります。

アールチェーンプラットフォームはRho Virtual Machine(RhoVM)、Rho仮想マシンというものでブロックチェーン技術における各機能を強化しています。

RhoVMにおける各々のインスタンスは、独立したブロックチェーンネットーワーク上で独立したスマートコントラクトのセットを必要な時のみ実行します。これは、デフォルトでアールチェーンが分割されコーディネートされたブロックチェーンとパラレルブロックチェーンのマルチチェーンデザインであり、自己充足性を念頭に構築されており、アールチェーンの独自性を意味しています。

RhoVMでは、プラットフォームの成長にしたがって、ノードが自動的にRhoVMの新しいインスタンスを初期化することで不可の管理を可能としています。こうすることで、パフォーマンス、一貫性、コードの複雑さを一定に保った上で、直線的に拡張することができるわけです。

RhoVMにおける各インスタンスはマルチスレッドであるため、単一のノードに複数のデータを保管してもネットワークの軽さを保つことができます。その結果、アールチェーン上のアプリエーションにおいて、処理能力や対応時間の大幅な短縮を可能としています。これは、今後の分散型アプリケーションにおいて新たな可能性を見出すきっかけとなりえます。

アールチェーンのもう一つの特徴であるNamespaceは、開発者の特徴や仕組み、行動パターンなどに基づいて、一連のコントラクトを配置することで実行される半自動化フレームワークを提供します。アールチェーンのネットワーク上で利用された実行内容や行動、送信相手の頻度などからデータを流れを最適化したり、パターンをテンプレート化することを可能にしています。

「RChain(アールチェーン/RHOC)」の将来性

アールチェーンでは、現在ビットコインなどで話題となり指摘されている問題を改善するために多くの仕組みが導入され、更なる改善が見込まれています。

王道のプラットフォーム型仮想通貨イーサリアムを元に作られており、歴史はまだまだ浅いですが、今後、プロジェクトの思惑通り、商業や産業規模でのブロックチェーンテクノロジーの実用化が現実的になると、高騰していくこと十分ありえると言えるでしょう。

「RChain(アールチェーン/RHOC)」が購入できる取引所

アールチェーンが購入できる取引所は、KuCoin(クーコイン)、HitBTC(ヒットビーティーシー)、EtherDelta(イーサデルタ)など海外の取引所があります。

「KuCoin(クーコイン)」で「RChain(アールチェーン/RHOC)」を購入する方法

上記で紹介した取引所の中でも取扱い銘柄の多い取引所であるKuCoin(クーコイン)でのRChain(アールチェーン/RHOC)の買い方を解説します。

手順1:「KuCoin(クーコイン)」にログインする。

KuCoin(クーコイン)にログインしたら、右上の「ログイン」をクリックしてください。

登録した①メールアドレスと②パスワードを入力したら「ログイン」をクリックしてください。

こちらはKuCoin(クーコイン)開設時に設定したセキュリティ認証画面です。Google Authenticator を使って赤枠の部分に認証コードを入力してください。

上記の画面がGoogle Authenticator の認証システムです。登録されたメールアドレスを確認し、6桁の認証コードを確認してください。

6桁の認証コードを確認したら赤枠の部分を入力し下の「確定」をクリックしてください。

手順2:「KuCoin(クーコイン)」で「BTC(ビットコイン)」を受け取る準備をする

KuCoin(クーコイン)にログインしたら、ホーム画面の①の「資産」のところをクリックしてください。その後②も同様「資産」をクリックします。
その後③でビットコインと検索したいので「BTC」と入力してください。一番上にビットコインが出てくるので④の「入金」を押してください。

すると「あなた専用の入金アドレス」「あなた専用の入金QRコード」が発行されます。BTC預金住所のアドレスが表示されますので、コピーしてください。これで「BTC」の受け取る準備は完了です。

手順3:「bitflyer(ビットフライヤー)」で「BTC(ビットコイン)」を送金する

bitFlyerでビットコインを送金するので先にビットコインを購入しておいてください。

ビットコインを購入後、bitFlyerにログインしたら「入出金」をクリックしてください。

赤枠の「BTCご送付」をクリックするとビットコインの送付画面になります。

ラベルは送り先の取引所の名前、ビットコインアドレスは先ほどKuCoin(クーコイン)の画面でコピーしたアドレスを入力して「追加する」をクリックしてください。

後は送付数量を入力して優先度を決めれば送金が完了します。

 優先度によって送金速度が変わってきますが手数料が上乗せされるため、もし優先度を上げたい場合は必要に応じて使ってください。

手順4:「KuCoin(クーコイン)」で「RChain(アールチェーン/RHOC)」を購入する


KuCoin(クーコイン)にビットコインが送金されたことを確認しましたら、①の「マーケット」をクリックし②で「RHOC」を検索してください。すると上部に「RHOC/BTC」と出てくるので③の「購入」をクリックしてください。

すると上記の画面になりますので赤枠の上から「価格」「量」を選択し下の「購入」をクリックしてください。これでRChain(アールチェーン/RHOC)は購入完了します。

管理人のコメント
アールチェーンのプロジェクト目的としても、現状のブロックチェーンにおける問題解決の鍵としても期待値が高いです。まだ未発展の通過ですが、Binance(バイナンス)などの大きな取引所に上場されると、高騰する可能性もありますので、購入してみるのもいいでしょう。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事