様々なアルトコインの中で特に注目を浴びている仮想通貨「Bytom(バイトム/BTM)」についての情報をまとめています。

「Bytom(バイトム/BTM)」の特徴や将来性、購入方法(買い方)について分かりやすく説明しています。

是非、参考にご覧ください。

「Bytom(バイトム/BTM)」の現在の価格・時価総額・出来高・チャート

/ /

「Bytom(バイトム/BTM)」はどんな仮想通貨?

Bytom(バイトム/BTM)は2017年6月に公開した中国発の仮想通貨です。略号は「BTM」です。
今まであまり注目度も高くはありませんでしたが近年のブロックチェーン技術によりBytom(バイトム/BTM)は原資産とデジタル資産を結びつける仮想通貨として注目を集めています。コンセプトは「複数資産を相互運用すること」です。

「Bytom(バイトム/BTM)」の特徴・仕組み

Bytom(バイトム/BTM)は上記でも記載があるように、デジタル資産と原資産を結びつけ複数資産を相互運用することを目的とした仮想通貨になっています。

  • UTXOモデルとの互換性
  • 一般的なアドレス形式
  • サイドチェーンを活用したクロスチェーンの資産配当

UTXOモデルとの互換性

Bytomは、

  1. データトランザクション|トランスミッションレイヤー
  2. コントラクトレイヤー
  3. 資産インタラクションレイヤー

3つのレイヤーで構成されています。

一般的なアドレス形式

Bytom(バイトム)ウォレットの設計にはBIP32,BIP43,BIP44と言うアドレスフォーマットが使われています。
これは複数のアカウント、複数の通貨、複数のキー、複数のアドレスをサポートしています。
これによりユーザーはすべとの資産に対して1つのマスターキーで対応することが可能になりました

サイドチェーンを活用したクロスチェーンの資産配当

分散型アプリケーションの開発者はX blockchain上でネットワークアクティビティを検証することでAPIを使うことができるのでブロックチェーンを跨いだ資産運用を可能にしています。

「Bytom(バイトム/BTM)」の将来性

今後のデジタル資産と原資産により複数の資産をすべて一括で管理できるようになるシステムはとても素晴らしいと思います。
Bytom(バイトム/BTM)の成し遂げようとしているプロジェクトを考慮すると、将来への期待は非常に高いものと言えると思います。

「Bytom(バイトム/BTM)」が購入できる取引所

ELFが購入できる取引所は、海外の仮想通貨なので日本の取引所では扱っていません。海外の取引所は以下の通りです。

「OKEx(オーケイーエックス)」で「Bytom(バイトム/BTM)」を購入する方法

上記で紹介した取引所の中でも取扱い銘柄の多い取引所であるOKEx(オーケイーエックス)での「Bytom(バイトム/BTM)」の買い方を解説します。

手順1:「OKEx(オーケイーエックス)」にログインする。

OKEx(オーケイーエックス)にログインしたら、右上の「Login」をクリックしてください。

登録した①国②電話番号③パスワードを入力したら「Login」をクリックしてください。

その後上記の画面になりますので「Get code」を押して、登録した電話番号にSMSが届きますので入力をしログインを完了してください。

手順2:「OKEx(オーケイーエックス)」で「BTC(ビットコイン)」を受け取る準備をする

OKEx(オーケイーエックス)にログインしたら、右上に表示されている「Account」をクリックしてください。

預金画面に行ったら、赤枠より①「Token Deposit」を押して②「BTC - ビットコイン」を選択してください。すると、③にBTC預金住所のアドレスが表示されますので、コピーしてください。

手順3:「bitflyer(ビットフライヤー)」で「BTC(ビットコイン)」を送金する

bitFlyerでビットコインを送金するので先にビットコインを購入しておいてください。

ビットコインを購入後、bitFlyerにログインしたら「入出金」をクリックしてください。

赤枠の「BTCご送付」をクリックするとビットコインの送付画面になります。

ラベルは送り先の取引所の名前、ビットコインアドレスは先ほどOKEx(オーケイーエックス)の画面でコピーしたアドレスを入力して「追加する」をクリックしてください。

後は送付数量を入力して優先度を決めれば送金が完了します。

 優先度によって送金速度が変わってきますが手数料が上乗せされるため、もし優先度を上げたい場合は必要に応じて使ってください。

手順4:「OKEx(オーケイーエックス)」で「Bytom(バイトム/BTM)」を購入する

OKEx(オーケイーエックス)にビットコインが送金されたことを確認しましたら、ホーム画面の①の「Token Trading」をクリックしてください。
その後②に「MKR」と入力し、③で「MKR/BTC」となっていることを確認してください。

①に「Price(BTC)」を入力し、②の「Amount(MKR)」と③の「Total(BTC)」を入力しましたら下の「Buy MKR」をクリックして取引完了です。

管理人のコメント
Maker(メイカー/MKR)は参加ユーザー(MKR保有者)が投票によってMakerを介してリスクの管理ができ、また大部分はスマートコントラクトによって制御されているようです。
現状では情報が少ない状況なので何かしらのニュースがあった際に購入してみてもいいかもしれませんね

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事