2018年1月に取引が開始し8日後に「Binance(バイナンス)」上場をして特に注目を浴びている仮想通貨「IOStoken(アイオーエストークン/IOST)」についての情報をまとめています。

「IOStoken(アイオーエストークン/IOST)」の特徴や将来性、購入方法(買い方)について分かりやすく説明しています。

是非、参考にご覧ください。

「IOStoken(アイオーエストークン/IOST)」の現在の価格・時価総額・出来高・チャート

/ /

「IOStoken(アイオーエストークン/IOST)」はどんな仮想通貨?

IOStoken(アイオーエストークン/IOST)は2018年1月に取引が始まったばかりのとても新しい仮想通貨になります。略号は「IOST」で、発行上限枚数は210億枚になっています。

取引が開始されて8日後にあたる1月24日には大手仮想通貨取引所Binanceに上場し、大きな注目を集めていて、IOStoken(IOST)はオンラインサービスプロバイダに、安定さとセキュリティを兼ね備えた場を提供するエコシステムプラットフォームです。

オンラインサービスはツイッターやフェイスブックのようなSNSやAmazonなどを指していて、現状これらは手数料の問題やプライバシーの侵害、不正行為などの中央集権型特有の問題を抱えています。
これらはブロックチェーンがあればすべて解決できるのですが、なかなか移動できずに困っているのが現状です。

なのでIOStoken(アイオーエストークン/IOST)はこれらの問題の架け橋となり、ブロックチェーンを用いた企業のオンラインサービスのインフラストラクチャーとなることを目的としています。

「IOStoken(アイオーエストークン/IOST)」の特徴・仕組み

上記でも記載してありますがIOStoken(アイオーエストークン/IOST)はブロックチェーンを用いた企業のオンラインサービスのインフラストラクチャーとなることを目的とした仮想通貨です。特徴は以下の4つです

  • IOSの基本システム
  • 承認アルゴリズムはPoB(Proof of Believability)を採用
  • オンラインサービスプロバイダー向け
  • 拡張性とネットワークの透明性

IOSの基本システム

IOStoken(アイオーエストークン/IOST)には主に3つのシステムがあります。

    1. Scaleout(スケールアウト)

IOStoken(アイオーエストークン/IOST)では並行処理を行うことができ、多くの取引を同時に行うことができます。

    1. Atomix(アトミックス)

クロスシャードというデータベースが違う者同士でも取引を高速で一貫性を持ったトランザクションを可能にしています。

    1. BRDR(Bias Resistant Distributed Randomness)

「ランダム性」を用いることでIOSネットワークの分散性とセキュリティ性能を上げています。

承認アルゴリズムはPoB(Proof of Believability)を採用

IOStoken(アイオーエストークン/IOST)は独自のアルゴニズムを導入していてそれを「PoB(Proof of Believability)」と言います。

これは信頼の証明と訳せましてこのアルゴニズムはユーザーが使用しているノードの「貢献度」で判定をされます。

IOStoken(アイオーエストークン/IOST)のインターネット利用料
IOStoken(アイオーエストークン/IOST)のトークンの保有量
不正などは行っていないかの有無
取引時の対応

をすべて総合的に計算するものになっています。

オンラインサービスプロバイダー向け

IOStoken(アイオーエストークン/IOST)はオンラインサービスプロバイダに提供する技術の一つに「EDS(Efficient Distributed Sharding)」があります。名前を「効率的分散型分割昨機能」といい、リアルタイムで部分空間を作り送信できます。

要するにシステムが崩れない形でデータの一部をまとめ送信することができます。この方法を使えば送信データの単純化もでき、ネットワークも早くなります。

さらにIOStoken(アイオーエストークン/IOST)はトランザクションを同時に行うのですぐに完了します。
オンラインサービスプロバイダは現在のサービスを保ったまま、より早い送受信が可能になり、利用者に快適な動作と手数料の低コスト化を実現することができます。

拡張性とネットワークの透明性

IOStoken(アイオーエストークン/IOST)には

・不正防止やシステムのほうかいを防ぐ「HUDS(Hyper Universe Distributed System)」
・主流のプログラミング言語のDAppsで開発
・サービス完了後にフィードバックを取得することができる「FTFS(Fair and Transparent Feedback System)」

なども備わっています。
以上4つの特徴があり、今後の将来性や成長なども大きく秘めている仮想通貨になります。

「IOStoken(アイオーエストークン/IOST)」の将来性

ブロックチェーンのプロジェクトだと個人向けのプラットフォームが多いのが見受けられますが、オンラインサービスを提供する法人向けであるIOStoken(アイオーエストークン/IOST)は今後の注目度もとても高いと思います。

なので将来性は十分にあるかと思います。

「IOStoken(アイオーエストークン/IOST)」が購入できる取引所

IOSTが購入できる取引所は、海外の仮想通貨なので日本の取引所では扱っていません。海外の取引所は以下の通りです。

「BINANCE(バイナンス)」で「IOStoken(アイオーエストークン/IOST)」を購入する方法

上記で紹介した取引所の中でも取扱い銘柄の多い取引所であるBINANCE(バイナンス)でのIOStoken(アイオーエストークン/IOST)の買い方を解説します。

手順1:「BINANCE(バイナンス)」にログインする。

BINANCE(バイナンス)にログインしたら、右上の「ログイン」をクリックしてください。

登録したメールアドレスとパスワードを入力したら「Login」をクリックしてください。

こちらはBINANCE特有のセキュリティ対策となります。

赤枠の箇所をクリックしたままにして、右にスライドさせてパズルをはめるようにしてください。

二段階認証を設定していたら、二段階認証の6桁のコードを入力したら「Submit」をクリックしてください。

手順2:「BINANCE(バイナンス)」で「BTC(ビットコイン)」を受け取る準備をする

バイナンスにログインしたら、ファンドをスライドさせて「預金」をクリックしてください。

預金画面に行ったら、赤枠より「BTC - ビットコイン」を選択してください。

BTC預金住所のアドレスが表示されますので、コピーしてください。

手順3:「bitflyer(ビットフライヤー)」で「BTC(ビットコイン)」を送金する

bitFlyerでビットコインを送金するので先にビットコインを購入しておいてください。

ビットコインを購入後、bitFlyerにログインしたら「入出金」をクリックしてください。

赤枠の「BTCご送付」をクリックするとビットコインの送付画面になります。

ラベルは送り先の取引所の名前、ビットコインアドレスは先ほどバイナンスの画面でコピーしたアドレスを入力して「追加する」をクリックしてください。

後は送付数量を入力して優先度を決めれば送金が完了します。

 優先度によって送金速度が変わってきますが手数料が上乗せされるため、もし優先度を上げたい場合は必要に応じて使ってください。

手順4:「BINANCE(バイナンス)」で「IOStoken(アイオーエストークン/IOST)」を購入する

バイナンスにビットコインが送金されたことを確認しましたら、交換をスライドさせて「基本的な」をクリックしてください。

右の赤枠より「IOST」検索し選択して、クリックしてください。

 クリックしても画面が変わらない場合がありますので、その時は更新ボタンで更新してください。

IOSTをクリックしたら、「IOST購入」の上のところの「量:」より何BTCでIOSTを購入するか設定したら「IOST購入」をクリックするとIOSTの購入が完了します。

管理人のコメント
「IOStoken(アイオーエストークン/IOST)」は上記でも説明したように取引が開始してから8日後に「Binance(バイナンス)」に上場していて周りからもとても期待度が高い仮想通貨になっております。ブロックチェーンのプロジェクトだと個人向けのプラットフォームが多いのが見受けられますが、オンラインサービスを提供する法人向けであるIOStoken(アイオーエストークン/IOST)は今後の注目度もとても高いと思いますのでこれを機に購入してみてもいいかもしれませんね。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事