2017年9月に人工知能(AI)と活用して金融市場や仮想通貨市場の予測を行うプラットフォームである「Cindicator(シンディケーター/CND)」についての情報をまとめています。

「Cindicator(シンディケーター/CND)」の特徴や将来性、購入方法(買い方)について分かりやすく説明しています。

是非、参考にご覧ください。

「Cindicator(シンディケーター/CND)」の現在の価格・時価総額・出来高・チャート

/ /

「Cindicator(シンディケーター/CND)」はどんな仮想通貨?

シンディケーターは「AI×金融アナリスト」の知能を組み合わせた仮想通貨です。

そして、仮想通貨の時価総額ランキングは現在(2018年4月20日)108位と順位はそこまで高くないですが、AIの知能を使ってどこまで進めることが出来るか詳細が気になるシンディケーターが一体どんな通貨なのか、仕組みから将来性まで解説していきます。

「Cindicator(シンディケーター/CND)」の特徴・仕組み

シンディケーターの特徴は以下の通りです。

  • Collective Intelligence Platform(集合知能プラットフォーム)
  • CindicatorBot(シンジケーターボット)
  • CryptometerBot(クリプトメーターボット)

Collective Intelligence Platformのページを翻訳すると「次世代の予測分析に貢献する あなたの市場ビジョンを共有し、報酬を得る。」となります。

株式・FX・仮想通貨などのマーケットを予測するプラットフォームであり、AIを使うことで人が処理出来ないデータをもとに近い答えを出していくことが可能です。

CindicatorBotのページを翻訳すると「シンディケータは、ハイブリッドインテリジェンスによって推進される予測分析、データ、および指標のエコシステムであり、伝統的および暗号化された金融市場分析をサポートします。」となります。

価格水準や投資判断の指標値を通知してくれるサービスであり、Collective Intelligence Platformを元にAIが分析するのでマーケット判断に役に立ちます。

CryptometerBotのページを翻訳すると「時間制限された市場機会を見つけるための個人的なCryptocurrency Market測定ツール」となります。

リアルタイムで裁定取引(アービットラージ)をサポートしてくれます。要するに暗号通貨(仮想通貨)のリアルタイムの動きを提供してくれます。

以上のことより、AIの技術を取り入れることで更なる進化を遂げる可能性が溢れている「シンディケーターの仕組みも信頼出来る」と言えます。

「Cindicator(シンディケーター/CND)」の将来性

投資をする上でもやはり気になるのが通貨の将来性です。

AIの技術を駆使して様々なデータの分析をしたり投資を予測するプラットフォームであるため、主に投資目的のユーザーにとって需要がある仮想通貨であり、リアルタイムでアービットラージをサポートしてくれるのもあるので、シンディケーターはとても将来性のある通貨と言えるでしょう。

「Cindicator(シンディケーター/CND)」が購入できる取引所

シンディケーターが購入できる取引所は、Binance(バイナンス),HitBTC(ヒットビーティーシー)などの取引所があります。

「BINANCE(バイナンス)」で「Cindicator(シンディケーター/CND)」を購入する方法

上記で紹介した取引所の中でも取扱い銘柄の多い取引所であるBINANCE(バイナンス)でのCNDの買い方を解説します。

手順1:「BINANCE(バイナンス)」にログインする。

BINANCE(バイナンス)にログインしたら、右上の「ログイン」をクリックしてください。

登録したメールアドレスとパスワードを入力したら「Login」をクリックしてください。

こちらはBINANCE特有のセキュリティ対策となります。

赤枠の箇所をクリックしたままにして、右にスライドさせてパズルをはめるようにしてください。

二段階認証を設定していたら、二段階認証の6桁のコードを入力したら「Submit」をクリックしてください。

手順2:「BINANCE(バイナンス)」で「BTC(ビットコイン)」を受け取る準備をする

バイナンスにログインしたら、ファンドをスライドさせて「預金」をクリックしてください。

預金画面に行ったら、赤枠より「BTC - ビットコイン」を選択してください。

BTC預金住所のアドレスが表示されますので、コピーしてください。

手順3:「bitflyer(ビットフライヤー)」で「BTC(ビットコイン)」を送金する

bitFlyerでビットコインを送金するので先にビットコインを購入しておいてください。

ビットコインを購入後、bitFlyerにログインしたら「入出金」をクリックしてください。

赤枠の「BTCご送付」をクリックするとビットコインの送付画面になります。

ラベルは送り先の取引所の名前、ビットコインアドレスは先ほどバイナンスの画面でコピーしたアドレスを入力して「追加する」をクリックしてください。

後は送付数量を入力して優先度を決めれば送金が完了します。

 優先度によって送金速度が変わってきますが手数料が上乗せされるため、もし優先度を上げたい場合は必要に応じて使ってください。

手順4:「BINANCE(バイナンス)」で「Cindicator(シンディケーター/CND)」を購入する

バイナンスにビットコインが送金されたことを確認しましたら、交換をスライドさせて「基本的な」をクリックしてください。

右の赤枠より「CND」を選択して、クリックしてください。

 クリックしても画面が変わらない場合がありますので、その時は更新ボタンで更新してください。

CNDをクリックしたら、「購入CND」の上のところの「量:」より何BTCでCNDを購入するか設定したら「購入CND」をクリックするとCNDの購入が完了します。

「Cindicator(シンディケーター/CND)」のアプリの登録方法と概要

Cindicator(シンディケーター/CND)の登録方法と簡単な使用方法ついてご説明します。

Cindicator(シンディケーター/CND)のアプリをインストール

Cindicator(シンディケーター/CND)のアプリを該当する機種(iOSかAndroidのどちらか)でインストールをしてくさい。

iOS版Android版

Cindicator(シンディケーター/CND)のアプリの概要

管理人のコメント
シンディケーターはAIの技術を駆使したり金融市場や仮想通貨市場の予測を行うプラットフォームであるコインとなります。
投資目的で仮想通貨を始めるというユーザーだったら特にシンディケーターを購入してみると新たな発見が生まれてくると思います。
そして、シンディケーターは仮想通貨の利益や情報を得られるサポーターとしても今後期待できる仮想通貨なので今後に期待が高まります。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事