2015年に公開されたブロックチェーンの仕組みを利用してデータを第三者の交渉人なしで証明することができる「Factom(ファクトム/FCT)」についての情報をまとめています。

「Factom(ファクトム/FCT)」の特徴や将来性、購入方法(買い方)について分かりやすく説明しています。

是非、参考にご覧ください。

「Factom(ファクトム/FCT)」の現在の価格・時価総額・出来高・チャート

/ /

「Factom(ファクトム/FCT)」はどんな仮想通貨?

Factom(ファクトム/FCT)は2015年に公開された仮想通貨です。略号は「FCT」です。

ビットコインのように支払いを目的とした仮想通貨ではありません。Factom(ファクトム/FCT)のシステムを使うための利用料になります。

では具体的にどのようなことで使われるのかといいますと、「とあるデータが確かに存在した」ということを証明するものになっています。

簡単に例で出すと、契約書、申込書、印鑑証明などの記録や管理を第三者の交渉人なしで証明することができます。ブロックチェーンの仕組みを利用しているため、誰もが使うことができ、改ざんすることはできません。

「Factom(ファクトム/FCT)」の特徴・仕組み

上記でも記載していますが、「データが確実に存在した」という事をを証明する仮想通貨になっています。特徴は以下の3つです。

  • Factom(ファクトム/FCT)にはFactoidとEntry Creditの2つのコインがある
  • ハッキングされるリスクがとても低い
  • ブロックチェーンで情報を管理出来る

FactoidとEntry Creditの2つのコインがある

Factom(ファクトム/FCT)には2つのコインがあってFactoidEntry Creditがあります。

それぞれがどんな役割なのか説明するとFactoidはFactomを利用する利用料としての役割をはたしており、いざFactomを利用するとなった時にFactoid ChainというチェーンでEntry Creditへ変換されます。

(一方通行で逆にEntry Credit→Factoidの交換はできません。)Entry Creditへの変換時にはEntry Creditを受け取る人の公開鍵に結びつけることで他の人に送れなくなります。

ハッキングされるリスクがとても低い

ビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨をウォレットで管理している場合、ハッキングされるリスクがありますが、エントリークレジットはシステム内で使用する以外の使い道がないので、ハッカーの金銭的インセンティブがほとんど働きません。

Factoid(ファクトム/FCT)をエントリークレジットに変えることで、純粋にファクトムを使用したいユーザーをハッキングから守っています。

ブロックチェーンで情報を管理出来る

あらゆる書類や記録をブロックチェーン上で分散的に管理したら中央集権で誰かが管理するより安全かつ確実に管理できます。

例えば今でしたら土地や家を売買するときに政府から書類をもらい面倒な手続きなどもしなくてはいけなかったのですが、Factom(ファクトム/FCT)のシステムを使えばどのPCからでも簡単に売買することが可能になっています。

「Factom(ファクトム/FCT)」の将来性

投資をする上でもやはり気になるのが通貨の将来性です。

将来的には世界の企業などがFactom(ファクトム/FCT)が採用される可能性がありますし、個人情報の漏洩などの心配もありませんし、データの改ざんなどもない安全な管理ができるというのはとても大きいポイントではあると思います。

「Factom(ファクトム/FCT)」が購入できる取引所

ファクトムが購入できる取引所は、Poloniex(ポロニエックス),Upbit(アップビット),Bittrex(ビットトレックス),Cryptopia(クリプトピア)があります。

 また、Coincheckもファクトムを扱っていますが、流出事件があったので割愛させていただきます。

「Poloniex(ポロニエックス)」で「Factom(ファクトム/FCT)」を購入する方法

上記で紹介した取引所の中でも取扱い銘柄の多い取引所であるPoloniex(ポロニエックス)でのFCTの買い方を解説します。

手順1:「Poloniex(ポロニエックス)」にログインする。

Poloniex(ポロニエックス)にログインしたら、右上の「Sign in」をクリックしてください。

登録したメールアドレスとパスワードを入力したら「Sign in」をクリックしてください。

二段階認証を設定していたら、二段階認証の6桁のコードを入力したら「Continue」をクリックしてください。

手順2:「Poloniex(ポロニエックス)」で「BTC(ビットコイン)」を受け取る準備をする

Poloniex(ポロニエックス)にログインしたら、BALANCESをスライドさせて「DEPOSITS & WITHDRAWALS」をクリックしてください。

預金画面に行ったら、BTCの右側の「Deposit」をクリックしてください。

下の赤枠の「Deposit Address」をクリックしてください。

 上の赤枠の赤字より「このアドレスにはビットコイン以外の仮想通貨は送らないでください」という警告が出るのでビットコイン以外の仮想通貨は送らないようにしてください。

そうしましたら、ビットコイン送金のアドレスが表示されますので、コピーしてください。

手順3:「bitflyer(ビットフライヤー)」で「BTC(ビットコイン)」を送金する

bitFlyerでビットコインを送金するので先にビットコインを購入しておいてください。

ビットコインを購入後、bitFlyerにログインしたら「入出金」をクリックしてください。

赤枠の「BTCご送付」をクリックするとビットコインの送付画面になります。

ラベルは送り先の取引所の名前、ビットコインアドレスは先ほどポロニエックスの画面でコピーしたアドレスを入力して「追加する」をクリックしてください。

後は送付数量を入力して優先度を決めれば送金が完了します。

 優先度によって送金速度が変わってきますが手数料が上乗せされるため、もし優先度を上げたい場合は必要に応じて使ってください。

手順4:「Poloniex(ポロニエックス)」で「Factom(ファクトム/FCT)」を購入する

Poloniex(ポロニエックス)にビットコインが送金されたことを確認しましたら、「EXCHANGE」をクリックしてください。

右の赤枠より「FCT」を選択して、クリックしてください。

 クリックしても画面が変わらない場合がありますので、その時は更新ボタンで更新してください。

FCTをクリックしたら、「BUY FCT」の下のところの「Amount:」より何BTCでFCTを購入するか設定したら「Buy」をクリックするとFCTの購入が完了します。

管理人のコメント
Factoid(ファクトム/FCT)は「とあるデータが確かに存在した」ということを証明する仮想通貨になっています。
将来的には世界の企業などがFactom(ファクトム/FCT)が採用される可能性がありますし、個人情報の漏洩などの心配もありません。尚且つデータの改ざんなどもない安全な管理ができるというのはとても大きいポイントではあると思います。大きな将来性はありますし今のうちに購入しておくのもいいかもしれませんね。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事