2017年6月に作られた仮想通貨でありICO参加者を7分で満杯にした後に約70億円を調達している「TenX(テンエックス/PAY)」についての情報をまとめています。

「TenX(テンエックス/PAY)」の特徴や将来性、購入方法(買い方)について分かりやすく説明しています。

是非、参考にご覧ください。

「TenX(テンエックス/PAY)」の現在の価格・時価総額・出来高・チャート

/ /

「TenX(テンエックス/PAY)」はどんな仮想通貨?

シンガポールの会社から生まれたテンエックスは仮想通貨のデビットカードとして注目を浴びていて利用すればするほど報酬を手に入れることが出来る仮想通貨です。

またテンエックスが一体どんな通貨なのか、仕組みから将来性まで解説していきます。

「TenX(テンエックス/PAY)」の特徴・仕組み

テンエックスの特徴は以下の通りです。

  • COMITというプロトコルがある
  • ICO参加者は報酬がもらえる
  • すでに実用化されている
  • 手数料が安い

COMITというプロコトル

テンエックスの「COMIT」はブロックチェーンの中枢であり「プロコトル」はデータ通信を行うための規約プログラムです。つまりブロックチェーンに接続することで効率よく継続的に拡大することが出来るネットワークのことを指します。

また、「マルチシグ」「タイムロック」「ハッシュ関数」といったプロコトルも使われているので重複支払いの防止や送金ミスをなくすことが出来ます。

ICO参加者は報酬がもらえる

ICO参加者に「トークンホルダー」という称号を得ることが出来て、利用すればするほど報酬が大きくなるという仕組みなので、テンエックスの参加者を増やして人気を上げていくという作戦かもしれないですね。

報酬額はカードホルダー:0.1%、Payホルダー:0.5%の報酬が貰えます。

すでに実用化されている

日本の仮想通貨でないので知名度は低いですが、VISAカードと提携してデビットカードの発行も始めています。しかもVISA提携の店舗ならどこでも決済可能なので口座の仮想通貨もそのまま使えるので実用性が高いです。

手数料が安い

テンエックスは複数の仮想通貨取引所と提携しているしCOMITによってどの取引所が安いかを把握できるため手数料が安くなっています。

各種料金一覧値段
発行手数料15ドル
年会費10ドル/年
※年間1000ドル利用すると無料
ウォレットの入出金0円
両替手数料0円
為替手数料0円
チャージ手数料0円
ATMの出金3ドル

以上のことより、「テンエックスの仕組みも信頼出来る」と言えます。

「TenX(テンエックス/PAY)」の将来性

投資をする上でもやはり気になるのが通貨の将来性です。

テンエックスはICOで約70億円調達していてさらに現在はもっと事業が拡大していますし、手数料も凄く安く、現時点で実用化されているのでこれからもっと利用者が増えていくであろうテンエックスはとても将来性のある通貨と言えるでしょう。

「TenX(テンエックス/PAY)」が購入できる取引所

テンエックスは、海外の仮想通貨なので日本の取引所では扱っていません。海外の取引所はCryptopia(クリプトピア),HiTBTC(ヒットビーティーシー),KuCoin(クーコイン)などがあります。

「Cryptopia(クリプトピア)」で「TenX(テンエックス/PAY)」を購入する方法

上記で紹介した取引所の中でも取扱い銘柄の多い取引所であるCryptopia(クリプトピア)でのPAYの買い方を解説します。

手順1:「Cryptopia(クリプトピア)」にログインする。

Cryptopia(クリプトピア)にログインしたら、右上の「Login」をクリックしてください。

登録したメールアドレスとパスワードを入力して、私はロボットではありませんにチェックをつけたら「Login」をクリックしてください。

事前に登録したPINの8桁のコードを入力したら「Verify」をクリックしてください。

手順2:「Cryptopia(クリプトピア)」で「BTC(ビットコイン)」を受け取る準備をする

クリプトピアにログインしたら、ビットコインマークをスライドさせて「Deposit」をクリックしてください。

預金画面に行ったら、赤枠より「Bitcoin(BTC)」を選択してください。

BTC預金住所のアドレスが表示されますので、コピーしてください。

手順3:「bitflyer(ビットフライヤー)」で「BTC(ビットコイン)」を送金する

bitFlyerでビットコインを送金するので先にビットコインを購入しておいてください。

ビットコインを購入後、bitFlyerにログインしたら「入出金」をクリックしてください。

赤枠の「BTCご送付」をクリックするとビットコインの送付画面になります。

ラベルは送り先の取引所の名前、ビットコインアドレスは先ほどクリプトピアの画面でコピーしたアドレスを入力して「追加する」をクリックしてください。

後は送付数量を入力して優先度を決めれば送金が完了します。

 優先度によって送金速度が変わってきますが手数料が上乗せされるため、もし優先度を上げたい場合は必要に応じて使ってください。

手順4:「Cryptopia(クリプトピア)」で「TenX(テンエックス/PAY)」を購入する

クリプトピアにビットコインが送金されたことを確認しましたら、左上のボタンをクリックして「Markets」をクリックしてください。

左上がBTCで設定されていることが確認出来たら左の赤枠より「PAY」を選択して、クリックしてください。

 クリックしても画面が変わらない場合がありますので、その時は更新ボタンで更新してください。

PAYをクリックしたら、「Buy PAY」の上のところの「Amount」と「Price」を入力すると「Total」が自動的に表示されますので何BTCでPAYを購入するか設定したら「Buy PAY」をクリックするとPAYの購入が完了します。

「TenX(テンエックス/PAY)」のアプリの登録方法と概要

TenX(テンエックス/PAY)の登録方法と簡単な使用方法ついてご説明します。

TenX(テンエックス/PAY)のアプリをインストール

TenX(テンエックス/PAY)のアプリを該当する機種(iOSかAndroidのどちらか)でインストールをしてくさい。

iOS版Android版

TenX(テンエックス/PAY)のアプリの概要

管理人のコメント
テンエックスはICOもやっていてさらに仮想通貨カードとして利用もされているのでクレジットカードを利用している方には最適の仮想通貨と言えるでしょう。
また大手カード会社が参入していくかつCOMITプロコトルが今以上に充実していけば利用者も必然的に増えていく可能性を秘めているので今後は要チェックですね。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事