2016年10月にイーサリアムのスマートコントラクトを搭載しているため中国版イーサリアムと呼ばれている仮想通貨の「NEO(ネオ/NEO)」についての情報をまとめています。

「NEO(ネオ/NEO)」の特徴や将来性、購入方法(買い方)について分かりやすく説明しています。

是非、参考にご覧ください。

「NEO(ネオ/NEO)」の現在の価格・時価総額・出来高・チャート

/ /

「NEO(ネオ/NEO)」はどんな仮想通貨?

元々はAntshares(アントシェアーズ/ANS)という名称だったのですが、2017年6月にNEO(ネオ/NEO)に名称を変更しています。また読み方はニオなのですが日本ではネオと呼ぶのが一般的だそうです。

そしてネオが一体どんな通貨なのか、仕組みから将来性まで解説していきます。

「NEO(ネオ/NEO)」の特徴・仕組み

ネオの特徴は以下の通りです。

  • ブロック認証システムにDBFTを採用している
  • 2種類のトークン(NEO・GAS)がある
  • 様々なプログラミング言語に対応している
  • 色々な機能が実装可能

ブロック認証システムにDBFTを採用している

DBFT(Delegated Byzantine Fault Tolerant)というブロック認証システムを採用することで分散型ネットワークの問題を解決してくれます。また、準拠した金融資産のNEOネットワークへの登録が容易になります。

2種類のトークン(NEO・GAS)

ネオにはNEOとNoeGas(GAS)というトークンがあります。簡単なイメージですとNEOが株式、GASが配当と考えると良いでしょう。
そしてGASはブロック生成時に同時に生成され、マイニング報酬の他にネットワーク上でNEOを使用する際にも使われます。

様々なプログラミング言語に対応している

ネオは現在「C#、VB.Net、F#、Java、Kotlin」の言語がサポートされています。さらに将来的には「C、C++、GO、Python、JavaScript」もサポートされる予定です。このことにより数多くの開発者が比較的簡単に開発に参加できるようになっています。

色々な機能が実装可能

ネオ自体がプラットフォームであるため様々な分散型アプリケーションを開発可能にしています。「スマートコントラクト、未来予測市場、知的財産取引市場、分散型取引所、自動トークンプロバイダ」など他のアルトコインにある機能を全てネオで実装可能と言われています。
以上のことより「ネオの仕組みも信頼出来る」と言えます。

「NEO(ネオ/NEO)」の将来性

投資をする上でもやはり気になるのが通貨の将来性です。

ネオはプラットフォームなので開発が非常にやりやすいですし、中国版のイーサリアムということで他のアルトコインと違った特徴で注目を浴びています。さらに今後はICOにも参入するので話題に上がることが多くなるであろうネオはとても将来性のある通貨と言えるでしょう。

「NEO(ネオ/NEO)」が購入できる取引所

ネオが購入できる取引所は、Binance(バイナンス),HiTBTC(ヒットビーティーシー),KuCoin(クーコイン)などの取引所があります。

「BINANCE(バイナンス)」で「NEO(ネオ/NEO)」を購入する方法

上記で紹介した取引所の中でも取扱い銘柄の多い取引所であるBINANCE(バイナンス)でのNEOの買い方を解説します。

手順1:「BINANCE(バイナンス)」にログインする。

BINANCE(バイナンス)にログインしたら、右上の「ログイン」をクリックしてください。

登録したメールアドレスとパスワードを入力したら「Login」をクリックしてください。

こちらはBINANCE特有のセキュリティ対策となります。

赤枠の箇所をクリックしたままにして、右にスライドさせてパズルをはめるようにしてください。

二段階認証を設定していたら、二段階認証の6桁のコードを入力したら「Submit」をクリックしてください。

手順2:「BINANCE(バイナンス)」で「BTC(ビットコイン)」を受け取る準備をする

バイナンスにログインしたら、ファンドをスライドさせて「預金」をクリックしてください。

預金画面に行ったら、赤枠より「BTC - ビットコイン」を選択してください。

BTC預金住所のアドレスが表示されますので、コピーしてください。

手順3:「bitflyer(ビットフライヤー)」で「BTC(ビットコイン)」を送金する

bitFlyerでビットコインを送金するので先にビットコインを購入しておいてください。

ビットコインを購入後、bitFlyerにログインしたら「入出金」をクリックしてください。

赤枠の「BTCご送付」をクリックするとビットコインの送付画面になります。

ラベルは送り先の取引所の名前、ビットコインアドレスは先ほどバイナンスの画面でコピーしたアドレスを入力して「追加する」をクリックしてください。

後は送付数量を入力して優先度を決めれば送金が完了します。

 優先度によって送金速度が変わってきますが手数料が上乗せされるため、もし優先度を上げたい場合は必要に応じて使ってください。

手順4:「BINANCE(バイナンス)」で「NEO(ネオ/NEO)」を購入する

バイナンスにビットコインが送金されたことを確認しましたら、交換をスライドさせて「基本的な」をクリックしてください。

右の赤枠より「NEO」を選択して、クリックしてください。

 クリックしても画面が変わらない場合がありますので、その時は更新ボタンで更新してください。

NEOをクリックしたら、「購入NEO」の上のところの「量:」より何BTCでNEOを購入するか設定したら「購入NEO」をクリックするとNEOの購入が完了します。

管理人のコメント
ネオは元Antshares(アントシェアーズ/ANS)という名称で始まった仮想通貨であり、中国版のイーサリアムと言われているため凄く期待出来る仮想通貨であると言えるでしょう。
さらに自身がプラットフォームなので開発もしやすく今後はICOも手掛けるとのことなのでさらに注目が浴びるのでイーサリアムに興味があるかたはイーサリアムと合わせて購入してみるのも面白いと思います。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事