今回は、アルトコインのArdorの兄弟通貨である「IGNIS(イグニス)」についての情報をまとめています。

この「IGNIS(イグニス)」の特徴や将来性、購入方法(買い方)について詳しく説明していきます。

是非、参考にご覧ください。

「IGNIS(イグニス)」の現在の価格・時価総額・出来高・チャート

/ /

「IGNIS(イグニス)」の特徴

IGNISとArdorの関係性

IGNISは、仮想通貨Ardorのチャイルドチェーン(子チェーン)として作られた仮想通貨です。

チャイルドチェーンとは、Ardorのメインチェーン(親チェーン)と繋がるチェーンのことで、サイドチェーンに似ています。

サイドチェーンはそれぞれが独立したブロックチェーンの事を指し、何らかの方法で繋がっていることを指します

一方、チャイルドチェーンは、メインチェーンと連絡口によって繋がる一本のチェーンであり、独立せずに繋がってます。

つまり、チャイルドチェーンとは全く新しいチェーンだという事です。

チャイルドチェーンは、メインチェーンであるブロックチェーンと一本に繋がりますが、ブロックチェーンではありません。

なので、チャイルドチェーンにはブロックという概念がありません。

Ardorに類似した機能

IGNISには、分散資産取引やメッセージの送受信、売り買いが自由にできる市場、投票システムなどの機能がArdorから引き継がれることになります。

また、イーサリアムのスマートコントラクトのような機能を持つので、ブロックチェーン上にアプリケーションを作成することも可能になってくるでしょう。

Nxtプラットホームの機能の内、メインチェーンにある方が合理的なものはArdorに採用され、チャイルドチェーンにあった方が合理的なものはIgnisに採用されるといった形になります。

「IGNIS(イグニス)」の将来性

IGNIS単体で見ると情報が少なく、将来性を考える上では判断が難しいです。

なのでArdorやNxtとセットで考えた方が判断しやすいかと思います。

企業向けに開発されたArdorは、中央集権型で、私たちの考える決済専用の仮装通貨として使うには厳しいです。

それに対してIGNISは、Ardorの開発チームによる非中央集権を目指した通貨です。Ardor内で使うのみならず、他の通貨とも交換できるようになり、公平性についてかなり考えられています。

また、Ardor自体が将来的に、他の仮想通貨とチェーンを繋ぐことも視野に入れているので、期待できると言えます。

Ignisは、Ardorのチェーン内で流動的に使われる通貨でもあるので、Ardorとセットで考えるのが良さそうです。

世間が、非中央集権に賛同する流れが出来てくると、価値が上がる可能性が高くなると予想できますね。

「IGNIS(イグニス)」が購入できる取引所

スマートキャッシュが購入できる取引所はHitBTC(ヒットビーティーシー)、CoinBridge(コインブリッジ)、CoinExchange(コインエクスチェンジ)など海外の取引所があります。

「HitBTC(ヒットビーティーシー)」で「IGNIS(イグニス)」を購入する方法

上記の中で「IGNIS(イグニス)」の取引高が一番多いHitBTC(ヒットビーティーシー)での購入方法を解説します。

手順1:「HitBTC(ヒットビーティーシー)」の口座開設をする。

コチラの記事でHitBTCの口座開設の詳しい説明をしていますのでご確認お願いします。

手順2:「HitBTC(ヒットビーティーシー)」で「ETH(イーサリアム)」を受け取る準備をする

まずHitBTCにログインしていただきます。

ログインしていただくと下記のような画面に移りますので右上の『Deposit』か左上の『Account』をクリック。

  次にBTCの『Deposit』部分をクリックしていただくとBTC受け取り用のQRコードが表示されます。

右端の青いボタンはBTC受け取り用のアドレスの再生成ボタン、その隣のボタンはアドレスのコピーボタンになります。

 ここで、ご希望の通貨は間違っていないか、アドレスは間違っていないか必ず確認するようにしましょう

手順3:「bitflyer(ビットフライヤー)」で「ETH(イーサリアム)」を送金する

bitFlyerでETH(イーサリアム)を送金するので先にETH(イーサリアム)を購入しておいてください。

ETH(イーサリアム)を購入後、bitFlyerにログインしたら「入出金」をクリックしてください。

赤枠の「BTCご送付」をクリックするとETH(イーサリアム)の送付画面になります。

ラベルは送り先の取引所の名前、ETH(イーサリアム)アドレスは先ほどヒットビーティーシーの画面でコピーしたアドレスを入力して「追加する」をクリックしてください。

後は送付数量を入力して優先度を決めれば送金が完了します。

 優先度によって送金速度が変わってきますが手数料が上乗せされるため、もし優先度を上げたい場合は必要に応じて使ってください。

手順4:「HitBTC(ヒットビーティーシー)」で「IGNIS(イグニス)」を購入する

HitBTCにログインしていただいて、右上の『Deposit』をクリック

購入したい通貨の『Withdraw』欄をクリック。

すると、上記のような画面になりますのでそれぞれ入力する。

  1. Amount:出金する量
  2. You will receive:手数料を引かれた後の合計
  3. Address:送金(出金)先のアドレス
  4. fkat fee:手数料
  5. Authentication Code:二段階認証コード

最後に左下の『Withdraw』をクリック。

メールが届くので確認リンクをクリック。
「Withdraw request has been successfully submitted!」と表示されれば、出勤処理は完了になります。

管理人のコメント
IGNISは将来性を考える上ではまだまだ判断材料が少ない通貨です。
上記でも説明したようにArdorとNXTとセットで考えるのがいいですね。
ArdorとNXTの特徴や将来性についてもこのサイト内で紹介しているので是非ご覧ください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事