今回は仮想通貨業界時価総額第三位の「Ripple(リップル/XRP)」についての情報をまとめています。

送金/決済に特化した仮想通貨となっていて、現在非常にメジャーな通貨です。

今後は銀行や金融業界も注目している仮想通貨になっております。

ただビットコインなどの仮想通貨とは違い、「Ripple(リップル/XRP)」で商品を買うことはできません。

送金システムをスムーズに行うために「Ripple(リップル/XRP)」が必要になります。

是非、参考にご覧ください。

「Ripple(リップル/XRP)」の現在の価格・時価総額・出来高・チャート

/ /

「Ripple(リップル/XRP)」の特徴

決済時間が早い

リップル:3秒
イーサリアム:2分
ビットコイン:1時間以上

1秒あたりに処理できる回数の多さ

リップル:1500回
イーサリアム:16回
ビットコイン:16回

取引コスト

リップル:0.0003ドル
ビットコイン:0.48ドル

ブリッジ通貨機能

リップルにはブリッジ通貨としての機能があります。

ブリッジ通貨とはその名の通り「通貨間の橋渡しになる通貨」のこと指します。

下記の図を見るとわかると思うのですが各国の法定通貨をいったん「Ripple(リップル/XRP)」に換金して送金することで国際送金を実現しています。

「Ripple(リップル/XRP)」の将来性

下記の画像をみれば一目瞭然ですがアクセンチュアやGoogle、SBIグループ、サンタンデールなどの世界的企業からも出資を受けています。

これらの会社なども将来性を見込んでの出資だと思いますのでリップルの将来性はとても高いと思います。

他にも提携銀行が100社ほどあり三菱東京UFJ銀行、バンク・オブ・アメリカ・メリルリンチ、JPモルガン・チェース、アメリカンエクスプレスなど大企業と提携を結んでいます。

現在では100社以上を突破しており、仮想通貨の中でもリップルの認知度はとても高いと思われます。

「Ripple(リップル/XRP)」が購入できる取引所

スマートキャッシュが購入できる取引所はHitBTC(ヒットビーティーシー)、CoinBridge(コインブリッジ)、CoinExchange(コインエクスチェンジ)など海外の取引所があります。

「HitBTC(ヒットビーティーシー)」で「IGNIS(イグニス)」を購入する方法

上記の中で「IGNIS(イグニス)」の取引高が一番多いHitBTC(ヒットビーティーシー)での購入方法を解説します。

手順1:「HitBTC(ヒットビーティーシー)」の口座開設をする。

コチラの記事でHitBTCの口座開設の詳しい説明をしていますのでご確認お願いします。

手順2:「HitBTC(ヒットビーティーシー)」で「ETH(イーサリアム)」を受け取る準備をする

まずHitBTCにログインしていただきます。

ログインしていただくと下記のような画面に移りますので右上の『Deposit』か左上の『Account』をクリック。

  次にBTCの『Deposit』部分をクリックしていただくとBTC受け取り用のQRコードが表示されます。

右端の青いボタンはBTC受け取り用のアドレスの再生成ボタン、その隣のボタンはアドレスのコピーボタンになります。

 ここで、ご希望の通貨は間違っていないか、アドレスは間違っていないか必ず確認するようにしましょう

手順3:「bitflyer(ビットフライヤー)」で「ETH(イーサリアム)」を送金する

bitFlyerでETH(イーサリアム)を送金するので先にETH(イーサリアム)を購入しておいてください。

ETH(イーサリアム)を購入後、bitFlyerにログインしたら「入出金」をクリックしてください。

赤枠の「BTCご送付」をクリックするとETH(イーサリアム)の送付画面になります。

ラベルは送り先の取引所の名前、ETH(イーサリアム)アドレスは先ほどヒットビーティーシーの画面でコピーしたアドレスを入力して「追加する」をクリックしてください。

後は送付数量を入力して優先度を決めれば送金が完了します。

 優先度によって送金速度が変わってきますが手数料が上乗せされるため、もし優先度を上げたい場合は必要に応じて使ってください。

手順4:「HitBTC(ヒットビーティーシー)」で「IGNIS(イグニス)」を購入する

HitBTCにログインしていただいて、右上の『Deposit』をクリック

購入したい通貨の『Withdraw』欄をクリック。

すると、上記のような画面になりますのでそれぞれ入力する。

  1. Amount:出金する量
  2. You will receive:手数料を引かれた後の合計
  3. Address:送金(出金)先のアドレス
  4. fkat fee:手数料
  5. Authentication Code:二段階認証コード

最後に左下の『Withdraw』をクリック。

メールが届くので確認リンクをクリック。
「Withdraw request has been successfully submitted!」と表示されれば、出勤処理は完了になります。

管理人のコメント
IGNISは将来性を考える上ではまだまだ判断材料が少ない通貨です。
上記でも説明したようにArdorとNXTとセットで考えるのがいいですね。
ArdorとNXTの特徴や将来性についてもこのサイト内で紹介しているので是非ご覧ください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事