イーサリアムが頻繁にハードフォークをする?

4月12日に開催された最新の隔週会議によると、Ethereum(ETH/イーサリアム)コア開発者は、頻繁に小規模ののハードフォークの実装を検討しています。

ハードフォークの間の時間の問題、フォーク間の期間の短縮、またはネットワークの更新などをトピックとして議論されました。

今回の会議では、ハードフォークの期間を最小で3か月にするか?という問題に対し、短すぎるといった意見や、3か月が厳守できなければ良いのか?といった意見も出ました。

好意的な意見に対し、アップグレードが多々あると顧客に負担がかかったり、フォークによるバグが発見されたら、次のフォークが延期される恐れがあるといった不支持な意見もありました。

分散アプリケーション(DApp)分析ウェブサイトDApp.comによって発表された報告は、Tron(TRX/トロン)が最も急成長しているDAppの人気を持ち、一方EthereumのDAppの人気はは縮小していました。

また、カルダノの創設者、チャールズ・ホスキンソン氏はEthereumとEos(EOS/イオス)の開発へのアプローチを批判した。

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事