• アルトコイン
    「RChain(アールチェーン/RHOC)」のチャート・将来性・購入方法
    2018年5月2日
  • アルトコイン
    Hshare(エイチシェア/HSR)のチャート・将来性・購入方法
    2018年4月29日
  • 口座開設
    Bitstamp(ビットスタンプ)の特徴と評判は?口座開設・登録方法まで簡単解説!
    2018年3月18日
  • 口座開設
    CoinExchange(コイエクスチェンジ)の特徴と評判は?口座開設・登録方法まで簡単解説!
    2018年2月13日
  • アルトコイン
    「WAVES(ウェーブス)」のチャート・将来性・購入方法
    2018年4月24日
  • 仮想通貨最新ニュース
    仮想通貨取引所「Bittrex」が約4ヶ月ぶりに新規ユーザ登録を再開するも25分で再び停止に
    2018年4月13日
  • 口座開設
    Kraken(クラーケン)の特徴と評判は?口座開設・登録方法まで簡単解説!
    2018年3月7日
  • アルトコイン
    「Populous(ポピュラス/PPT)」のチャート・将来性・購入方法
    2018年3月30日
  • アルトコイン
    Dragonchain(ドラゴンチェーン/DRGN)のチャート・将来性・購入方法
    2018年5月13日
  • アルトコイン
    Siacoin(シアコイン/SC)のチャート・将来性・購入方法
    2018年4月15日
  • アルトコイン
    Dentacoin(デンタコイン/DCN)のチャート・将来性・購入方法
    2018年5月8日
  • アルトコイン
    SingularityNET(シンギュラリティネット/AGI)のチャート・将来性・購入方法
    2018年6月12日
  • アルトコイン
    GXShares(ジーエックスシェアズ/GXS)のチャート・将来性・購入方法
    2018年5月24日
  • アルトコイン
    Dogecoin(ドージコイン/DOGE)のチャート・将来性・購入方法
    2018年4月25日
  • アルトコイン
    「DASH(ダッシュ)」のチャート・将来性・購入方法
    2018年3月26日
  • アルトコイン
    XPlay(エクスプレイ/XPA)のチャート・将来性・購入方法
    2018年6月7日
  • アルトコイン
    「SmartCash(スマートキャッシュ/SMART)」のチャート・将来性・購入方法
    2018年6月1日
  • アルトコイン
    Stratis(ストラティス/STRAT)のチャート・将来性・購入方法
    2018年4月17日
ICOとは何か?仮想通貨における資金調達の仕組みをわかりやすく解説

最近、「ICO」「仮想通貨」というワードをよく耳にしませんか。そこで今回は、仮想通貨の取引をこれから始める方向けに、詳しく解説していきます。初心者の方は、是非、最後までご覧になってみてください。

ICOとはどのようなものなのか

仮想通貨のICOとは

株でいうところのIPOに近いものです。IPOとは株で言うところの「新規上場株式」のことで、株を投資家に売り出し、証券取引所に上場し、どんな方でも株取引ができる銘柄にすることをIPOと言います。

仮想通貨の場合は、ICO(イニシャル コイン オファリング)と呼び、株と同じく通貨を投資家に売り出しますが、仮想通貨の場合は、一般に取引所に公開される前に目標金額を設定し投資を募ります(クラウドファンディング)。

企業は「トークン」と呼ばれる仮想通貨を発行し、そのトークンを販売することで研究費や、開発費を調達する方法をとります。
つまり、取引所に公開される前に投資された資金(目標金額を設定し募集したお金)への見返りが通貨となり、その通貨のことを「未公開仮想通貨」と呼び、この未公開仮想通貨を買うこと(プレセール)をICOと言います。

ICOの手順と具体的な仕組み

ICOの手順

ICOで資金調達する企業は、まず独自のトークンやコインを発行します。トークン/コインの購入者(投資家)は、その企業が提供するモノやサービスを、そのトークン/コインで購入できます。また、他の仮想通貨との交換も可能です。

ICOは発行したトークンを事業者のサービスに使えるようにしたことで、出資者と事業者の関係は、トークン購入後も継続することになります。

1.アナウンス

ICOをする企業は、仮想通貨市場の投資家に対して、トークンの発行を周知する必要があります。
一般的には「ホワイトペーパー」と呼ばれる目論見書(のようなもの)を発行し、企業やプロジェクトの魅力を喧伝します。これにより投資家は、企業の目的やその内容に対し、正当性や価値を判断します。

2.オファー

ICOをする企業は、特定の人物や投資家を対象に、契約条件を規定した「オファー」と呼ばれる内容書を提示します。このオファーにより投資家は、プロジェクトの全容を理解し、投資額や投資期間などを選定します。

ICOはトークン発行に証券市場のような基準が設けられていないため、トークン発行者(ICO企業)が詳細な条件を規定して開示しなければなりません。

3.PR活動

一般的にICOをする企業のほとんどが小規模です。
知名度がないため、ICOを成功させるには「企業のPR活動」がとても重要になります。

「実績が少ない」=「潜在的可能性がある」、「社歴が浅い」=「先進的な事業に意欲的」といったポジティブなことばを駆使し、「投資に値すべきバリューの高い企業」というイメージを確立することが大事になってきます。

4.販売開始

ブロックチェーンを利用したトークンの販売方法は、以下の2つが考えられます。

  • オファーで開示した最低金額を獲得した段階でトークンを発表し、当該投資家に分配する方法
  • 各々の仮想通貨取引所でトークンを個別販売する方法
 仮想通貨取引所で販売する場合には、その取引所で上場することがほとんどです。

ICOとIPOとの違い

ICOとIPOでは何が違うのでしょうか。
資金調達手段としては、IPO(Initial Public Offering/新規株式公開)のほうが有名でしょう。

IPOは証券市場に新規上場し、株式を発行することで資金調達を行います。そのためには証券会社の協力が必要であり、自社だけで全ての資金調達を完結させることは不可能です。

また、投資家から資金調達を得るためには、事業計画書や直近決算の開示しなければなりません。
しかし、今回ご紹介するICOではこういった作業を行う必要が少ないため、資金調達に伴うコストを大幅に引き下げることが可能です。

今後の改善点としては、投資家側を保護するルールが整備していくことです。

ICOはリスクの高い取引であり、投資家は自己責任で行うことを肝に銘じておく必要があります。

8つのメリット

  • 集めた資金は配当を支払う必要がない
  • 集めた資金に株式(会社の所有権)を発行する必要がない
  • 利子の支払いがない
  • 投資対象となる事業の価値を投資家に提示する必要がない
  • ネットを利用してグローバルなマーケットを相手に資金調達できる
  • 小さなベンチャー企業や個人でも利用が可能
  • 支払いは仮想通貨のため、インターネット上で払い込みが完結
  • 投資家は小額からの資金提供ができる
  • 投資家は購入したトークンやコインをインターネット上でいつでも転売可能

一般的に、企業もしくは事業プロジェクトが資金調達を行う場合、銀行などの金融機関からの借り入れを行う、もしくは新株を発行して出資してもらうか、いずれかの方法がありました。

しかし、信用力がなかったり与信能力が低かったりする新興企業が、上記のような方法で資金調達すると、借入利率が高くなったり、十分な資金が調達できなかったりするという課題がありました。

ICOを発行する企業のメリットは、こうした課題を抱えることなく、比較的簡単に資金調達が行えます

ICOの今後の見通し

既存の証券取引所や証券会社を介さずにグローバルな環境でシンプルに資金調達できるということは、大きな魅力です。法的ルールや周辺環境が整備されれば、当事者にとっては魅力的な資金調達の手段になる可能性があることは間違いないでしょう。

また、ICOは「投資」という側面にだけでなく、
その事業を応援する」「事業理念に共感して募金する」という性質も兼ね備えており、「投資を通じて社会参加する」という観点からも、ICOは可能性を秘めているといえます。

仮想通貨における専門用語

トークンって?

仮想通貨における『トークン』は、これといった定義は何もない、というのが事実なのです。
あえて言うなら「代替貨幣」でしょうか。

仮想通貨は全般的に代替貨幣のようなもので、厳密に分けることはできません。

では、なぜ『ビットコイン』や『イーサリアム』、『リップル』と呼ばれる仮想通貨があったり、『Zaifトークン』と呼ばれる仮想通貨があるのかというのは、技術的な問題になってきます。

仮想通貨はあくまでブロックチェーン技術の副産物のようなものだと言うことは覚えておきたいですね。

『イーサリアムというブロックチェーン技術を使った仮想通貨がETH』であり、『NEMというブロックチェーン技術を使った仮想通貨をXEM』と名付けているだけなのです。

 ざっくりいうと、独自のブロックチェーン技術(後述)で作った仮想通貨は、『イーサリアム』だの『リップル』だのと呼ばれ、公表されている既存のブロックチェーン技術をそのまま使って作った仮想通貨を『トークン』と呼ぶことが多いようです。

ブロックチェーンって?

ブロックチェーンとは、分散型台帳技術、または、分散型ネットワークのことです。
仮想通貨の代表的ビットコインの中核技術を原型とするデータベースになります。

ブロックと呼ばれる順序付けられたレコードの連続的に増加するリストを備えており、各ブロックには、タイムスタンプと前のブロックへのリンクが含まれています。

 ブロックチェーンは、「ブロック」と呼ばれるデータの単位を一定時間ごとに生成し、鎖(チェーン)のように連結していくことでデータを保管するデータベースです。

ホワイトペーパーって?

多くのホワイトペーパーは特定の技術商品の利点を支持します。

これらのタイプのホワイトペーパーはたいていマーケティングコミュニケーションのための文書であり、調査された問題またはトピックと関連している具体的なその会社のソリューションまたは製品を売りこむようにデザインされます。

マーケティングの道具として、これらの書類がいつも話題製品またはテクノロジーとの、その会社の関与と関連したあらゆるネガティブな面を最小化し、執筆もしくは後援している会社に好ましい情報を強調するであろうということに注意することは重要となってきます。

 ホワイトペーパーは、手本を収集し、指導者を設立し、あるいは販売を終了するために使用されるということです。
管理人のコメント
ICOについていかがだったでしょうか?売買手数料ナシ小額投資可能大化けすればハイリターンというメリットがあるのでこれから仮想通貨に参入される方にとっては、その仕組みをより基礎から勉強することも素敵な仮想通貨ライフをお過ごしになる第一歩になるのではないでしょうか。参加する場合は、ホワイトペーパーをしっかりと読み込み、自分好みの仮想通貨を見つけましょう。
関連キーワード
ICO情報の関連記事
  • 「ICON(アイコン/ICX)」のチャート・将来性・購入方法
  • ICOとは何か?仮想通貨における資金調達の仕組みをわかりやすく解説

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事