様々なアルトコインの中で特に注目を浴びている仮想通貨「ICON(アイコン/ICX)」についての情報をまとめています。

「ICON(アイコン/ICX)」の特徴や将来性、購入方法(買い方)について分かりやすく説明しています。

是非、参考にご覧ください。

「ICON(アイコン/ICX)」の現在の価格・時価総額・出来高・チャート

/ /

「ICON(アイコン/ICX)」はどんな仮想通貨?

ICON(アイコン)は略号がICXの仮想通貨(暗号通貨)です。韓国発祥のアルトコインで2017年9月に公開されました。簡単に言いますと韓国版イーサリアムと考えたほうがわかりやすいかもしれません。

韓国発のスマートコントラクトを目的とした通貨になっています。

ICOはかなりの人気で一日で完売もしました。

「ICON(アイコン/ICX」の特徴・仕組み

「ICON(アイコン/ICX)」は上記にも記載があるように韓国発祥のアルトコインで、韓国版イーサリアムとも言われています。

  • 韓国発祥のアルトコインで、イーサリアムが持つスマートコントラクトを搭載
  • 多数の企業・コミュニティが提携済
  • 画期的な「ICON Network」「ICON Nexus」を採用

まずスマートコントラクトとはあらゆる取引や契約を人の契約を介さず、自動で実行させることができる仕組みの事を指します。システムでブロックチェーンに「取引条件」と「契約内容」を同時に書き込みます。

ICON(アイコン)は現在韓国内では銀行・証券・保険・大学など多様なコミュニティとつながっており、決済や入出金、両替や電子著名といった手続きをまたいで利用することが可能になっています。

それらを可能としているのが「ICON Network」といいます。

「ICON Network」とはスマートコントラクト技術を利用したブロックチェーンIDにより、「ICON Network」につながれたモノ同士で安全に、そして簡単に認証と署名確認を行うことが可能となっているシステムになります。

非中央集権型取引所(DEX)を介してリアルタイムに素早く実現することが可能になっております。
他にも「ICON Nexus」というループチェーンを基にしたブロックチェーンのことで異なるブロックチェーンの橋渡しにになる役割を果たしています。

一つ一つが小さいコミュニティでも「ICON Nexus」を経由することによって、より大きなコミュニティーを形成することが可能になっています。

以上ICON(アイコン)には3つの特徴があり、よって素早く安全にそして確実に各コミュニティ間のトークンの転送や各処理を実行することが可能になっています。

「ICON(アイコン/ICX)」の将来性

やはり投資をするにおいて大切なのが今後の将来性についいてですが、特徴にも記載があるように多数のコミュニティや企業との提携がありますし特有のシステム等もありますのでその技術力から堅実な成長力が見込まれる仮想通貨だと思います

「ICON(アイコン/ICX)」が購入できる取引所

Qtumが購入できる取引所は、海外の仮想通貨なので日本の取引所では扱っていません。海外の取引所は以下の通りです。

「BINANCE(バイナンス)」で「ICON(アイコン/ICX)」を購入する方法

上記で紹介した取引所の中でも取扱い銘柄の多い取引所であるBINANCE(バイナンス)でのICON(アイコン/ICX)の買い方を解説します。

手順1:「BINANCE(バイナンス)」にログインする。

BINANCE(バイナンス)にログインしたら、右上の「ログイン」をクリックしてください。

登録したメールアドレスとパスワードを入力したら「Login」をクリックしてください。

こちらはBINANCE特有のセキュリティ対策となります。

赤枠の箇所をクリックしたままにして、右にスライドさせてパズルをはめるようにしてください。

二段階認証を設定していたら、二段階認証の6桁のコードを入力したら「Submit」をクリックしてください。

手順2:「BINANCE(バイナンス)」で「BTC(ビットコイン)」を受け取る準備をする

バイナンスにログインしたら、ファンドをスライドさせて「預金」をクリックしてください。

預金画面に行ったら、赤枠より「BTC - ビットコイン」を選択してください。

BTC預金住所のアドレスが表示されますので、コピーしてください。

手順3:「bitflyer(ビットフライヤー)」で「BTC(ビットコイン)」を送金する

bitFlyerでビットコインを送金するので先にビットコインを購入しておいてください。

ビットコインを購入後、bitFlyerにログインしたら「入出金」をクリックしてください。

赤枠の「BTCご送付」をクリックするとビットコインの送付画面になります。

ラベルは送り先の取引所の名前、ビットコインアドレスは先ほどバイナンスの画面でコピーしたアドレスを入力して「追加する」をクリックしてください。

後は送付数量を入力して優先度を決めれば送金が完了します。

 優先度によって送金速度が変わってきますが手数料が上乗せされるため、もし優先度を上げたい場合は必要に応じて使ってください。

手順4:「BINANCE(バイナンス)」で「ICON(アイコン/ICX)」を購入する

バイナンスにビットコインが送金されたことを確認しましたら、交換をスライドさせて「基本的な」をクリックしてください。

右の赤枠より「ICX」検索し選択して、クリックしてください。

 クリックしても画面が変わらない場合がありますので、その時は更新ボタンで更新してください。

ICXをクリックしたら、「ICX購入」の上のところの「量:」より何BTCでICXを購入するか設定したら「ICX購入」をクリックするとICXの購入が完了します。

管理人のコメント
ICXは2017年9月にICOを開始し、数あるアルトコインの特徴の中で基礎通貨であるビットコインの価格が下落するとそれに引っ張られて同様に下がるというデメリットがありますが、「ICON(アイコン)」に関してはビットコインとの連動が比較的に少なく、ほとんどのコインが暴落する中でも上昇傾向を見せています。
今後の成長力によってはどんどん有名なものになっていくと思いますので余剰資金で購入してもいいかもしれません。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事