人工知能を搭載したグローバルな分散型広告取引所の「Ubex(ウーベックス)」の概要や特徴・登録方法について説明していきます。

Ubex(ウーベックス)の概要

Ubex(ウーベックス)とはブロックチェーンとAIの技術を使って連携している分散型のプラットフォームである「Ubex(ウーベックス)プロジェクト」によって作られた仮想通貨ICOとなります。

下記の動画より、Ubex(ウーベックス)について簡単に解説していますので、イメージが湧かないという人は是非ご覧ください。

 音声は英語ですが、日本語の字幕がついているため見やすいと思います。

Ubex(ウーベックス)のICO情報について

Ubex(ウーベックス)のICOの情報は以下の表をご覧ください。

概要説明
投資期間2018年5月21日~2018年8月13日
シンボルUBEX
タイプEthereum ERC20
トークン価格1UBEX = 0.00001ETH
ソフトキャップ4,000ETH
ハードキャップ24,000ETH
ホワイトリストなし
総トークン数40億
トークン分配コミュニティ:72%
チーム&アドバイザー:15%
予備:10%
Bounty:3%

Ubex(ウーベックス)の特徴

Ubex(ウーベックス)の特徴についてまとめてみましたのでご覧ください。

Ubex(ウーベックス)が広告業界の問題の解決を目指す

Ubex(ウーベックス)はニューラルネットワークの基盤とブロックチェーン技術を用いて広告業界の問題を解決しました。ユーザー・広告主・発行者のそれぞれの問題を解決出来ればUbex(ウーベックス)の知名度や人気度は急上昇するでしょう。

現状の問題については下記の表をご覧ください!

問題ユーザー広告主発行者
ユーザーにとって無関係かつ迷惑な広告が表示される広告に対して、お金の支払いに目が行くので結果達成が不確実になるすべての広告スロットを埋める広告主が必要になる
複数の仲介業者や高コミッションに対する製品やサービスの過払い全ての利用可能な広告チャンネルを理解するのは不可能なのでマーケティングスタッフが必要低収益になることで広告主からの今後の支払いが予測不可能
詐欺師による強制的かつ刺激的な広告を使用するため高リスクになる

予算が費やされたら意味のない広告があるだけで非効果的になる

不正している広告主からの支払いの延滞や未払が殖える

そして、この問題を解決するに当たってUbex(ウーベックス)では4つの使命を掲げています。

  • 広告主の依頼と発行者のサイトの相互作用を自動化
  • 仲介業者を省くことでコミッションを大幅に削減
  • 発行者に広告のトークン化の機会を作る
  • プラットフォーム参加者の評判や評価するシステムの開発

これらを実現するために、Ubex(ウーベックス)は高いレベルの信頼関係や最高効率でグローバルな広告エコシステムを作ることを目指しています。

ICOの段階だからこそ、ここまでのシステムを作ろうとしているUbex(ウーベックス)はとても信頼できるトークンと言えます

Airdropが無料で受け取れる

Ubex(ウーベックス)にはAirdrop(エアドロップ)が存在していて、登録する際に500UBEXトークンを受け取ることが出来ます。

登録完了後に3つのSNS、Teregram(テレグラム)・Twitter(ツイッター)・Facebook(フェイスブック)に参加することでトークンを受け取ることが出来ます!

Ubex(ウーベックス)の登録方法

Ubex(ウーベックス)のトップページからアカウント作成が出来るようになっています。

手順1:Ubex(ウーベックス)のホームページにアクセスする

最初に【Ubex(ウーベックス)のホームページ】にアクセスして、右下の赤枠の「UBEXトークンを購入する」をクリックしてください。

もし、日本語になっていない場合は右上のログインの下のボタンをクリックして日本語に直すことが出来ます。

手順2:メールアドレスとパスワードを入力する

メールアドレスと任意のパスワードを入力して、「登録」をクリックしてください。

手順3:トークン販売に参加する

Ubex(ウーベックス)では、米国と北朝鮮とイランに住んでいる方はICOが規制されているため登録することが出来ないです。それ以外の方は国籍を赤枠で囲んである所を選択して、18歳以上であるにチェックを付けたら「トークン販売に参加する」をクリックしてください。

手順4:ETHのアドレスを入力する

ETHのアドレスを入力したら、「確認して続ける」をクリックしてください。

また、前提条件としてETHのアドレス、つまりETHを取り扱っている仮想通貨取引所を一つ以上開設していないとUbex(ウーベックス)は登録出来ないです。

もしETHを取り扱っている取引所を開設していない場合は、以下の記事を参考に開設してみて下さい。

※現在bitFlyerは新規登録が出来なくなっていますが、時間が経過すれば新規登録できるようになると思います。

手順5:AirDropトークンを手に入れる

登録完了しましたら、Airdropトークンを入手するために「トークンを手に入れる」をクリックしてください。

各SNS、テレグラム・フェイスブック・ツイッターのコードを入力して「送信する」をクリックすると500UBEXトークンが無料で受け取れます。

管理人のコメント
2018年5月21日より始まったUbex(ウーベックス)ですが、無料でAirdropを受け取ることが出来ますし、今後期待が出来るICOということでこれから注目を浴びること間違いないと思いますので、是非購入してみることをオススメします!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事