仮想通貨ニュース、2018年9月第1週に起こった出来事を振り返っていきます。情報を遡って出来事を整理することでより仮想通貨の関心が深まりますので、定期的に振り返っていこうと思います。

仮想通貨交換業者登録の審査厳格化!

仮想通貨交換業者登録の審査が厳格化すると発表がありました。具体的な厳格化事項としては、審査書類の質問項目を十羅いの4倍なので、今後仮想通貨にどのような影響を与えていくか注目どころです。

ビットコインETFが実は長期的に悪影響!?

アンドレアス・M・アントノプロス氏が言うには、長期的に見るとビットコインETFは仮想通貨業界に悪影響をもたらすと指摘したことがわかりました。その理由として、投資家が秘密鍵を持たないで市場に参加するため、一部のカストディアンに「鍵」が集中するのではないかと懸念を示しています。

GMOコインが取引所サービスの提供を開始!

2018/09/05にGMOコインが取引所サービスの提供を開始したと発表がありました。そして従来の販売所サービス・仮想通貨FXに加えて、取引所での現物取引とレバレッジ取引が可能なので、GMOコインには期待が持てそうです!

BTC暴落はデスク計画の取り止めが原因!?

BTCが暴落した原因がデスク計画の取りやめが原因と言われています。ただビジネスインサイダーによると、デスク計画の止めの要因として、仮想通貨市場における規制が未だ整っていないため、不透明な部分を解消できていないことが挙げらています。

合わせて、前回起こった仮想通貨の出来事についてもご覧になってみてください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事