1日、時事通信の報道にて、日本の金融庁は、改正資金決済法に基づく仮想通貨交換業者(取引所)登録の審査を厳格化したことが明らかとなりました。

厳格化がもたらす業界への影響は?

日本の金融庁(FSA)が改正資金決済法に基づく仮想通貨交換業者登録の審査を実質的に厳格化したことが判明しました。

具体的な厳格化事項としては、審査書類の質問項目を十羅いの4倍に当たる約400項目に大幅拡充や、財務の健全性を維持する方策やシステムん安全対策などに関し、取締役会議事録も提出させ、経営陣がリスクを管理できているか検証するなどがわかっています。

金融庁(FAS)は1月のコインチェックで起こったネムの巨額流出問題を受けて休止していた登録審査を再開しました。審査の方法は、金融庁(FSA)が申請を行なってきた交換業者に質問票を送付し、その解体内容を業者訪問も行なって検証して登録の可否を判断する形となっています。

これまで質問項目において、収益状況やシステムの安全対策の説明などにとどまっていましたが、各項目の意思決定への経営陣の関与を取締訳解議事録を提出させて確認するとし、株主構成も定期的に調査し、反社会勢力との関係をチェックする社内体制のうむも調べるとのことです。

アメリカSECのへスター氏がコメントしていたように、規制を設けるのは、特に感想通過スペースでは必要なことではあるが、規制のかけすぎで仮想通貨やブロックチェーン技術といったイノベーションを抑制してしまうのも社会的には難しい局面でもあります。

先進国の日本が、世界に先駆けて仮想通貨に関する法律を適切に定めることで、業界を取り巻くさまざまな懸念を払拭、安心してビジネスや投資を行うことができる「健全な市場環境」に変わっていくことが望まれています。

フィリップマサが動画で解説

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事