4日、CCNが報じた内容によると、「Mastering Bitcoin(マスタリングビットコイン)」の著者であるアンドレアス・M・アントノプロス氏は、ビットコインETFが承認されるのは必然としつつも、長期的には仮想通貨業界に悪影響をもたらすと指摘したことがわかりました。

ビットコインETFは長期的に有害か

現在、仮想通貨市場では、9月30日までとされる米国証券取引委員会(SEC)の、CBOEのビットコインETF申請に対する可否判断が話題となっています。

このビットコインETFが承認されれば仮想通貨市場にとって追い風になるとされており、多くの投資家が期待をしています。

一方でアントノプロス氏は、ビットコインETFによって投資家はビットコインを実際に所有するのではなく、カストディアン(資産管理者)としてファンドが所有するビットコインのシェアを持つことになるとことから、実際にビットコインを持つことはないので、投機が増えることになると分析しました。

また、アントノプロス氏は、ビットコインETFは中央集権に近い効果をもたらすと解説しました。

投資家が「(プライベートキー)秘密鍵」を持たないで市場に参加するため、一部のカストディアンに「鍵」が集中し、エコシステム全体の意思決定に関わるカストディアンの力が強くなるのではないかと懸念を示しました。

「ETFは、ピアツーピアの送金という原理に違反している。ピアツーピアでユーザーは、カストディアンを通してではなく、自分自身で鍵を持ち直接自分のお金の管理ができる」

そういった理由から、長期的にはビットコインにとってマイナスになるのではといった見解を明かしました。

アントノプロス氏は、技術的知識のなさや市場参加者からの需要を背景にビットコインETFが成立することは不可避だと指摘しており、これは、ビットコインETFの承認を待つ投資家たちからするとプラスの局面ととれます。

これからの投資家には、ビットコインを実際に所有してそれがもたらす恩恵を享受する技術面に秀でたタイプと、仲介者に頼るタイプという2つのタイプの機関投資家が生まれることになるだろうと予想しました。

フィリップマサが動画で解説

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事