CNBCクリプトトレーダーが主催したインタビューにて、米国証券取引委員会(SEC)のキーパーソンの一人であるへスター・ピアースコミッショナーが、「アメリカの重要な原則、すなわち”選択の自由”を優先させるべきだ」と主張しました。

「選択の自由」にこそ本当の価値観が

米国証券取引委員会(SEC)のへスター・ピアース委員が、先週CNBCのインタビューに答えた際、規制機関はアメリカ人が最も大切にする原則の一つ「選択の自由」を尊重するべきだと発言しました。

ピアース氏は、SECによって7月末に、ウィンクルボス兄弟が申請していたビットコインETFが拒否されたことに反対を意思を示したことで、一部の仮想通貨コミュニティーから「クリプト・ママ」と崇められています。

ピアース氏はCNBCのインタビューに対して、

規制する側の人間としての私が、例えば中部地方の住民にとってどんな投資がベストなのか決めることは難しい。私が彼らより良い投資判断ができると考えるのは間違っている。その人は自身の生活について、財源について、自身の限界について私よりよく知っているはずだ。規制する側の人間として私が「あなたはこのタイプの投資商品に投資できるほど頭が良くない」と言うのはでしゃばりだと思う。

それより、人々に対して選択肢を持たせるシステムを作ったほうがいい。保護されたカテゴリーに投資したいのか、全ての投資商品にアクセスしたいのか、選べる仕組みだ。規制する側の人間としては変わり者だと思うが、投資家の保護とは、選択権を含むと思う。人々がアクセスしたい投資商品にアクセスさせることが大事で、規制当局が彼らの判断を代わりに行ったほうがいいと考えるのはおかしい

と、いうコメントを返しています。

ピアース氏は、SECがビットコインの価格操作などを考慮してウィンクルボス兄弟のビットコインETFを拒否したことに対しても、

SECの役割は、投資家を保護して資本形成を促進し、公平で秩序があり、効率の良い市場を助長することであって、決してイノベーションの門番ではない。

と述べています。

9月30日に迫ったビットコインETFですが、これが初の仮想通貨ETFとして承認されるにしても延期になるにしても、仮想通貨市場に大きな影響になると言えるでしょう。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事