日本を代表する仮想通貨取引所の一つであるZaifは20日深夜、ビットコイン(BTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)、モナコイン(MONA)を含む約67億円相当の仮想通貨がハッキング被害にあったことを報告しました。

このタイミングで新たなハッキング被害

国内仮想通貨取引所Zaifは17日、ビットコイン(BTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)、モナコイン(MONA)の入出金がサーバ障害により停止していると発表しました。当初は1~2営業日で復旧すると報告し、その障害の詳細については明らかにされていませんでした。

今回の発表によれば、14日の17時頃から19時頃までの間に外部から不正アクセスが行われ、ホットウォレットで管理していた仮想通貨が不正に送金されたそうです。盗難された仮想通貨はビットコインが5966BTC、BCHとMONAについては現在調査中とされています。

今回のハッキングによる被害総額は約67億円相当とされており、顧客の預かり資産が45億円、テックビューロ社の固有資産が22億円と発表されています。

顧客資産に関しては、フィスコとの間で、Zaifに対し50億円の提供される事を検討する基本契約を締結、今月下旬には提供が実行されることを前提に準備や交渉を進めており、消失した仮想通貨の調達、また顧客資産に影響が及ばない対応をすることを報告しています。

進展発表は基本契約の内容が実行された後に発表、顧客へのより具体的な対応方針が報告されるそうです。

なお、金融支援を行う株式会社フィスコのプレスリリース文にて、今後の調査によって被害額が変動する場合は、金融支援額の再検討を行うことが明らかになっています。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事