米リップル社が主催する国際カンファレンス「SWELL 2018」が、日本時間で昨日から本日にかけて開幕しました。

xRapidの商用化発表など好材料も

日本時間で昨日の深夜から本日にかけて行われたSWELL2018、元米大統領ビル・クリントン氏による公演内容も明らかになった上、注目の的となっていた仮想通貨XRPを利用するxRapidの商用化発表が行われました。

元米国大統領であるびるBill Clinton(ビル・クリントン)氏は、ブロックチェーン技術や人工知能(AI)などの最先端テクノロジーについての意見を語っていました。
クリントン氏はスピーチの中で、

ブロックチェーン技術には大きな可能性が秘められており、活用の幅は極めて大きい

といった内容の意見を語っており、社会政策などによってそれらの技術が台無しになってしまう可能性があることなども踏まえた上で、そのような革新的な技術を台無しにしてはいけないという考えを述べていました。

リップル社が提供する仮想通貨XRPを実際に使用するソリューション「xRapid」が商品化されたことについても、リップル社のCEOであるBrad Garlinghouse(ブラッド・ガーリングハウス)氏の口から正式に発表されたとも伝えられています。

また、同社の公式サイトでも「xRapid」が実際に複数の金融企業で導入されていることも報告されており、
・MercuryFX
・Cuallix
・Catalyst Corporate Federal Credit Union

3つのクライアントに仮想通貨XRPを利用するプロダクトxRapidを商品化させて導入したことを発表しています。

「MercuryFX」は、ヨーロッパとメキシコの間で行われる国際送金を処理し、「Cuallix」はアメリカからメキシコへの送金を処理しています。

米国で1,400以上の会員および顧客信用組合にサービスを提供している「Catalyst Corporate Federal Credit Union」は、新しいクロスボーダー決済サービスを作成するために「xRapid」を使用すると伝えられています。

XRPの価格は開幕日時までかなり高い期待感を保っていたが、材料として控えるSWELL開催前で一時的に利確する動きがありました。

開幕時間とほぼ同時刻に下落が止まり、すでに期待されていた織り込み済みとも取れる相場の中、下落が一時的に落ち着きました。

その後XRPのファンダメンタルズ要因として最も期待されていたxRapidの 商用化が正式に発表され、価格が上昇したものと考えられます。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事