ビットコイン強気派として知られる米ヘッジファンド界の大御所Michael Novogratz(マイク・ノボグラッツ)氏が先日のCNBCのインタビューの中で、ビットコイン(BTC)の年末価格予想を下方修正しました。

予想価格を下げたその理由は?

今年に入って仮想通貨相場が低迷する中、ノボグラッツ氏は連日メディアで発言し、「ビットコインは底を打った」など強気な姿勢を崩していませんでした。

しかし、CNBCの3日の報道では、自身のビットコイン(BTC)の年末予想価格を下方修正した発言をしていました。

ノボグラッツ氏は去年、2018年にビットコイン(BTC)が4万ドルまで上昇するかもしれないと予想していました。

しかし、ニューヨークで開かれていたコンフェレンスでは、ビットコイン(BTC)が1万ドルを超えるのは来年の第二四半期になるかもしれないと下方修正しました。

今年に関しては「9000ドルを突破しないと思う」と明かしました。

世界最大級の金融機関ゴールドマン・サックスのマクロトレーダーでもあったノボグラッツ氏が理由にあげたのは「運転資金の調達」です。去年の仮想通貨ブームの時ほど売上を上げていない企業が給料支払いなどの義務を果たすためにビットコインを売る必要に迫られていると述べました。

しかしながら、ノボグラッツ氏はビットコイン弱気派に転じたわけではなく、2019年には意味のある機関投資家の資金が流入することで、去年にビットコイン(BTC)が2万ドル付近をつけた時と同じようにFOMO(乗り遅れることに対する恐れ)が戻ってくると予想しました。

来年には、年金基金や寄金も市場に入ってくる可能性がある。でなければ文字通り、僕は裸足でここに戻ってくることになるだろうね。

と、発言していました。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事