ビットコイン(BTC)が日本時間で15日午後2時過ぎから大きく高騰しました。一時7000ドルを抜け、2時間で約10%高騰したことになり、ここ最近の中ではかなり大きなボラティリティをマークしました。

テザーとBTCの相関関係

暴騰の原因と思われるのが、取引銀行との関係に対する疑念が高まっている仮想通貨取引所ビットフィネックス(Bitfinex)での出来事です。

現在ビットコインは6970ドル前後で取引されていますが、ビットフィネックスでは一時7788ドルをつける等、通常価格より約10%ほどの高値で売買されています。

一方で、米ドルと1:1の価格で推移するはずのステイブルコインであるテザー(USDT)が、同取引所で一時0.92ドルまで下落をしました。

これについてある中国系仮想通貨取引所のトップは「クオンツ系ファンドと、トレーダーがテザーポジションの手仕舞いをし、ビットコインを買い直している」と解説しました。

また、香港で仮想通貨マーケットメーカー業務を行うあるトレーダーも「ここにきてUSDTへの不信感が高まっている」ことが背景にあるとしました。

USDTの発行体であるテザー社は米ドル準備金の有無と預託銀行との関係について疑惑の渦中にあると言えるでしょう。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事