米投資調査会社Fundstrat Global Advisorsの共同創設者であるトーマス・リー氏は、ビットコイン市場に対する強気な姿勢を崩しておらず、2018年の年末価格予想は2万5千ドルまで回復する可能性があると明かしました。

マイニングの損益分岐点

ビットコイン価格は9月上旬に7000ドル台を下回って以降、6500ドル前後での低調な推移を続けています。

しかし、仮想通貨メディアCrypto Tipsの取材に応じたリー氏によると、ビットコイン価格は2018年末までに2万5000ドルまで回復する可能性があると発言しました。

Fundstrat Global Advisorsの調査結果ではビットコインのマイニングにおける損益分岐点が18年末までに8000~9000ドルまで上昇するとのことです。これまでビットコインは損益分岐点の2倍以上の価格で取引される傾向があったことから、リー氏は年末には2万ドルを超すと予測します。

またリー氏は、投資家心理について「底値に近付いている時ほど、ネガティブな可能性を信じやすい傾向がある」と指摘しました。そのため、一度底を抜けたとの認識が広がれば、相場は一気に上向く可能性があるとみています。

ただし、投資家心理の改善と市況の改善のどちらが先行するのかは「鶏が先か、卵が先か」のような難しい議論にもなるため、価格上昇に転じるまでの1つのハードルになるとの認識も示しました。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事