ビットコイン価格において、3000から5000ドルまで価格を落とすと予測する、仮想通貨取引所ビットメックス(BitMEX)のアーサー・ヘイズCEOは、現在の弱気相場は2020年春まで継続するとの見方を示しました。

さらに下落する可能性

ヘイズCEOは6月、仮想通貨ビットコイン(BTC)の今年の底値は3000〜5000ドルで、米証券取引委員会(SEC)がビットコインETFを承認した場合、年末までに5万ドルまで急上昇すると予想していました。

ロンドンで開催されたヤフーファイナンスのイベントで、同CEOは仮想通貨コミュニティに対し、あと18ヶ月間この相場が続くと警告しました。また、同期間中のボラティリティの低下も予想しており、状況は確実に悪化するだろうと述べました。

ヘイズ氏は2013年、ビットコイン(BTC)が250ドルから1300ドルへのブームの最中に仮想通貨業界に参加したと述べ、その後の弱気市場について振り返りました。

2014年から2015年は”核の弱気市場”の一種だった。価格が暴落し、取引高がクラッシュした。非常に、非常に金を稼ぐのが困難だった。今後取引高は現在からさらに下落する可能性があると考えている。

一方で、以前予測した通り、ビットコインETFが承認されれば、市場は大きく反発するとの考えを維持しました。

ヘイズCEOは仮想通貨業界で公然と今年の弱気相場を主張する数少ない人物ではあります。彼の考えも多くの方から重要視されているようです。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事