Ripple社の最高戦略責任者を務めるCory Johnson氏は先日、XRPが今やビットコインよりも使用されており、実用的な通貨であると主張しました。

実用的な通貨


Johnson氏は過去にも、SNSにて、ビットコインネットワークが比較的に”劣った”技術であるとし、XRPに実装される技術はより優れたものであると主張していました。

XRPはマイニングを必要とせず、また1秒間に1500回にものぼるトランザクションを処理することができる。また、Ripple Labsはすでに全世界で150以上の経済機関と顧客関係にある。XRPを用いることで、国境を超えた取引のことは10分の1に削減でき、また送金の所要時間も従来の4日から2分に短縮できる

とコメントし、Ripple社の製品の優位性を声高に示しています。

さらに、今月18,19日にかけて米カリフォルニア州で行われたFinTech(フィンテック)に関するカンファレンス「Techonomy18」にスピーカーとして出席し、

我々はすでに100を超える決済関係のクライアントを有しており、XRPの市場規模も100億ドルを超えたが、今もさらなる顧客基盤の獲得を続けている。私がRippleに入社した3月当時は、新たな契約が6週間おきに決まっていたが、今では6日ごとに新たな契約が決まっている

とも答えていた。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事