コインベース、新たに3銘柄追加

Coinbase Proは、アメリカの主要な暗号交換および財布サービスCoinbaseのプロフェッショナルオファリングで、EOS(イオス/EOS)Augur(オーガー/REP)、およびMaker(MKR)のサポートを追加に4月8日に発表されました。

EOSネットワークは分散型アプリケーションの開発をサポートしており、Ethereumネットワークに対して挑戦者として多くの人に見られています。

Augur は分散型予測市場プラットフォームAugurの基礎となる暗号通貨です。REPは、オンライン予測市場での結果の出来事を報告するために設計されています。

MKRは、Ethereumがサポートするトークンです(ユーティリティトークン、ガバナンストークン)等

最近、Coinbase ProはStellar Lumens(XLM)とRipple(XRP)のサポートも追加しました。これらの通貨はAndroidおよびiOS用の取引アプリケーションによって拡大されました。

4月上旬、コインベースはクロスボーダー決済を拡大しました。 取引所の顧客は、XRPと取引所のステイブルコインUSDCoin(USDC)を使用して、世界中のコインベースアカウントを持つすべてのユーザーに手数料無しで送金することができます。 この開発により、ユーザーは即座にお金を送受信したり、現地通貨に変換したりできるようになりました

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事