ジブラルタル証券取引所(GSX)は、ブロックチェーン証券の上場を開始

ジブラルタル証券取引所(GSX)は、ブロックチェーン証券の上場を開始を4月9日に発表しました。

本日、GSXは、社債、転換社債、資産担保証券、デリバティブ証券、オープンエンド型投資信託、デジタル、スマート、クローズドエンド型投資信託などを開始すると発表しました。

GSXは分散元帳技術(DLT)を適用することで、流動性を拡大し、資本市場の民主化を促進することを目的としています。

GSXグローバルマーケットは、GSXメインマーケットとは対照的に、上場にかかる費用や時間の削減が可能にするより軽い報告スキームと開示フレームワークを提供します。

欧州経済地域(EEA)で規制に基づかれる株式市場として、GSX グローバル市場のプレスリリースノートにあるように、英国の法律に基づき、債務発行に対するクーポン課税を要求されません。

この新規上場は、4月5日にGSX Groupの子会社HashtacsとSTO Global-Xによる統合されたトークン化証券取引所のパートナーシップを引き継ぎます。

このプロジェクトにより、証券取引所およびその他の有資格金融機関は資産をトークン化し、取引を促進できます。

2019年3月、GSXは、証券取引資産分類和解(STACS)ブロックチェーンにGSXデジタル証券取引所プロトタイプを正常に配置し、それに基づいてデモ債券を発行しました。 シンガポールを拠点とするブロックチェーン会社Hashstacsと共同で開発されたSTACSプロジェクトは、資金のデジタル表現とブロックチェーンに関する債務のリストを可能にしました。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事