米国証券取引委員会(SEC)は、暗号通貨の規制に対して取り組む事に焦点を当てた

ワシントンで開催されたSEC スピークスカンファレンスで講演したJay Clayton議長は、組織の活動と役割の概要を説明しながら、デジタル通貨のスペースを強調しました。

Clayton議長は、仮想通貨のケースに法律が定まってないことに関して、既存の法律を適用してきた例を主に取り上げました。

暗号資産の分野で、発行者が違法なデジタル資産証券の提供を行ったたとしても、今後、連邦証券法の順守への道筋があることを示してきました、と以下のように述べました。

投資家への適切な開示が含まれているため、償還を求めるか、トークンを保持し続けるかについて、より詳細な情報に基づいて判断することができます。

仮想通貨に対する持続的なコミットメントと証券規制などの分野への影響を強調しており、米国は国家レベルでの地位を正式にするためにゆっくりだが包括的な措置を講じています。

先週、SECはデジタル資産が投資契約を構成するかどうかを決定することに関するガイダンスを発表しました。同日、4月3日、当局はまた、スタートアップターンキーからの新しいICOトークンが証券ではないと結論付けた。

ここ数カ月の間に、規制当局を市場に投入することに関与している仮想通貨の関連業者との間の継続的な戦いがより顕著になっています。

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事