初のSEC公認トークン発行を目指す

分散コンピューティングネットワークBlockstackは、米国証券取引委員会(SEC)に、4月11日付けのSECへの申請で明らかにされました。SECの規制の下で5000万ドルのトークンセールを開始しました。承認された場合は、業界初のSEC認定トークン発行となります。

具体的な条件によると、BlockstackのいわゆるApp Miningプログラムを通じて、合計2億9,500万個のトークンの異なる割り当てが1個あたり0.12ドルから0.30ドルの間で売却されるだろうと概説している。承認されれば、ハーバード大学の基金が購入に合意していることを明らかにしました。

BlockstackのCEOのアリ氏は承認されれば、このトークン発行は「業界の他の人々の先例となる」と述べた。

「最近、米国の市場は規制上の不確実性を考慮して仮想通貨プロジェクトに近づいています。米国市場をこの分野のイノベーションにォ^分することを信じています。 ブロックチェーンプロトコルがSECの規制に準拠することを可能にし、法的枠組みを作成するために、証券弁護士と協力してきました。」とも述べました。

 

今日まで、多くの仮想通貨業界の人物や議員が、この機関にブロックチェーントークンと証券法の相互作用についてより明確な規制の明確化を提供するよう繰り返し要求してきました。

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事