ブロックチェーンは、市民社会を再構築できる

サークル CEOのジェレミー・アレール氏によると、仮想通貨およびブロックチェーン業界は、市民社会を根本的に変えれることを示した。

アレール氏は、4月10日にワシントンDCで開催された2019年の世界銀行グループおよび国際通貨基金(IMF)の会議で、その見解を表明しました。

アレール氏は、「デジタル時代のマネーと決済」と名付けられたパネルディスカッションで、仮想通貨とブロックチェーンの開発に関連する可能性と問題点の両方について議論しました。 欧州中央銀行(ECB)のブノワ・クレール氏とケニア中央銀行(CBK)のニョロジ氏の総裁もディスカッションに参加した。

人類と技術、特にブロックチェーン技術間の相互接続の観点から信頼の主要な問題を検討する際、アレール氏は仮想通貨共産主義における重要な概念を「暗号を信頼する」と説明した。

アレール氏は、いわゆる崇高な人間や賄賂を受け取りやすい仲介機関などに頼るのとは対照的に、暗号証明を利用することで「よりプライベートで、回復力があり、安全で、自主的な金融取引形態」が可能になると述べた。

彼は、仮想通貨およびブロックチェーン業界はデジタル決済だけでなく、「重要な情報を記録しておくための根本的な新しいソリューションを構築するための劇的により分散化された回復力のある基盤を提供する」と主張しました。

これに対し、IMFのマネージングディレクターであるラガルデ氏は、金融の混乱が分散元帳技術を使用することによって内部からシステムを作り直していると述べました。 ラガルデ氏は、JPモルガンによる独自のステーブルコインの発売や、即時で実質的にコストのかからない価値移動を実現することを目的とした新しいECBの取り組みなどの大きな進展を挙げて、次のように述べています。 明らかに既存のシステムが揺さぶっている

アレール氏は、オープンスタンダードを使用するステーブルコインが市場で普及すると予測しています。 サークルは2018年9月に米ドル建てのステーブルコインを発売し、6つの世界的な銀行が3月中旬にIBMの現在活気のあるブロックチェーンを利用した支払いネットワークでステーブルコインを発売することを申し込みました。

 

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事