第五世代移動通信システム 5G「ギガチェーン」

韓国最大の通信会社であるKTは、ブロックチェーン駆動の第5世代(5G)「ギガチェーン」を立ち上げました。

新しいブランドの一環として、KTは接続デバイスのIPアドレスを隠すことによってハッキング攻撃を防ぐGiGAステルス技術を開発しました。 レポートによると、ブロックチェーン対応の技術により、IPアドレスはハッカーにはほとんど見えなくなります。

KTの将来のプラットフォーム社長であるリー・ドンミョン社長は、5G世代にに関連するIoTデバイスのハッキングの脆弱性が高まるリスクの中で、ブロックチェーンを使用したサイバーセキュリティ対策の改善を決定したと述べました。 KTは、IoTデバイスへのハッキング攻撃が全体のハッキング攻撃の99%を占めると主張しました。

今回に発表で、KTは、組織がブロックチェーンベースのアプリケーションを使用し、スマートコントラクトを含むブロックチェーンの主要機能を展開することで、企業が関与なしにトランザクションを操作できるようにするGiGAチェーンブロックチェーンサービス(BaaS)も導入しました、これにより、仲介業者を挟まずに取引が可能になるとされる。

KTは、そのブロックチェーン技術は、地方政府が住民に発行したバウチャーのデジタル化に使用できると付け加えました。 レポートによると、韓国の金浦市は4月からすでに同社のブロックチェーンベースの支払いシステムを使用しています。このプロジェクトは2019年2月中旬に初めて明らかにされ、Gimpoは年間970万ドル相当のKTの仮想通貨を発行する計画を立て、「K token」と名付けました。

4月上旬、世界の市場調査店リサーチ&マーケットは、世界の電気通信業界における国際的なブロックチェーンアプリケーションが2024年までに13億7000万ドルの収益を生み出すと主張する報告を発表しました。

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事