ビットトレックスに北朝鮮ユーザーの存在

米国の仮想通貨取引所ビットトレックスは、4月22日のツイートで、北朝鮮のユーザーが同プラットフォームで取引しているという主張は誤っていると述べています。

ビットトレックスは、北朝鮮のユーザーが所有していたとされる2つのアカウントを調査したと述べ、2017年10月に同じアカウントを調査したと指摘しました。

ビットトレックスは、ユーザーがどこから来たのかを国識別、物理アドレス、IPアドレスから判断し、「北朝鮮出身のユーザーはこのプラットフォームで取引していない」と結論付けた。

4月上旬は、ビットトレックスに二ューヨークの金融サービス局(NYDFS)から、不正マネーロンダリング(AML)、Know Your Customer(KYC)、およびOffice of Foreign Assets Control(OFAC)の各基準に関する不適切なポリシーおよびコントロールについて非難されました。 そのため、NYDFSはBittrexのBitLicenseアプリケーションを拒否しました。

NYDFSによれば、それは「継続的な欠陥に対処し、セクターの進化する性質に見合った適切な統制およびコンプライアンスプログラムの開発においてBittrexを支援するために」、Bittrexに複数のコンプライアンスレターを発行しました。

NYDFSの否定を受けてNYDFSの否定を受けて、Bittrexは規制当局の決定に対する回答を発表し、その失望感を表明し、この規制は「ニューヨークの顧客を保護するのではなく損害を与える」と主張した。は規制当局の決定に対する回答を発表し、その失望を表明し、この規制は「ニューヨークの顧客を保護するのではなく損害を与える」と主張しました。

プレスタイムでは、ビットトレックスはCoinMarketCapの調整済み取引高の点でデジタル通貨交換のリストで第58位にランクされています。

ビットトレックスの24時間取引高は、プレス時には約4,780万ドルで、過去24時間で約8%増加しました。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事