組織を去るCTO

元メーカーダオの最高技術責任者であるアンディ・ミレニウスは、4月3日付けの公開書簡を発表し、プロジェクトの内部紛争に対する彼の懸念を説明しました。

メーカーダオは、分散アルゴリズムのイーサリアムベースのステーブルコインDAIとガバナンストークンメーカーを支えている会社です。

彼の24ページにわたる手紙の中で、ミレニウスは、分散型自律組織(DAO)に忠実な、同等のワークスペースと民主化のアイディアと、伝統的な企業の効率性に対する同僚の幹部の欲求との矛盾について説明しています。

同社の最高経営責任者であるクリステンCEOがDAOを支配しようとしたために、プロジェクトのコア開発者が協力関係を失ったと非難しています。開発者たちはDappHubと名付けた別の会社で働いていたようで、どうやら彼らの独立性を守るためだと述べている。

この手紙はまた、ある時点で、当時の社長兼最高執行責任者であるマット・リチャーズが辞任しないとしたら、ミレニウスがクリステンセンにどのように伝えたかを示しています。 伝えられるところによると、この行動はリチャーズの離脱をもたらしました。

昨日の4月27日、元COOリチャード氏は、ミレニウス氏を批判しています。

アンディが金融システムを改革するだけでは不十分でした。 彼はまた、仕事のやり方を再発明しなければなりませんでした。(彼はそれがどのように異なる必要があるのか知りませんでした)

 

 

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事