作業証明アルゴリズムProgPoWのサードパーティによる監査に資金提供

Ethereum(ETH/イーサリアム)のコア開発者であるハドソン・ジェームソン氏が、、特定用途向け集積回路(ASIC)耐性のある作業証明アルゴリズムProgPoWのサードパーティによる監査に資金提供されたことを発表しました。 開発者は、4月26日に開催された最新の隔週のEthereumコア開発者会議で発表しました。

通話中に、目標とする5万ユニットの分散化された、Ethereumベースの米ドルペッグの安定コインDAIの目標額に達したことが明記されました。 伝えられるところによれば、その資金は寄付を通じてクラウドソーシングされた。

ジェームソン氏は、監査は「今週または来週、うまくいけば」開始する予定だと指摘した。
ASICとは、特定目的のハッシュアルゴリズムに基づいて暗号通貨をより効率的にマイニングするように調整された、専用チップを使用するマイニングハードウェアのことです。 その一方で、グラフィックスプロセッシングユニット(GPU)を使用する設定はそれほど特殊化されておらず、そのため今までのところASICを配置するものとネットワーク上の報酬を競い合うのに苦労してきました。

ProgPowは、GPUに対するASICの効率上の利点を減少させることを目的としている。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事