メールアカウントを使ってユーザーの仮想通貨を盗み出す

4月29日の副社長のマザーボードの報道によると,MicrosoftのOutlook、Hotmail、MSNなどの電子メールサービスを利用する人々にとって深刻なニュースになりました。

ハッカーが3月31日に彼の電子メールアカウントを使用して自分のパスワードをリセットし、取引所のクラーケンアカウントにアクセスしたとき、1人の被害者がオランダの技術フォーラムで、約5,400ドルを失ったと主張しました。また、何人かのRedditユーザーが同様の経験を証明しました。

Microsoftによれば、最初の違反は今年の1月1日から3月28日の間に発生したが、他の人によればそれは6ヶ月間に及んだ可能性がある。 ハッカーは当初、マイクロソフトのサポートエージェントアカウントを介して消費者の電子メールにアクセスしました。
影響を受けたユーザーに対するMicrosoftの最初の電子メールでの声明は、ハッカーが連絡先などの電子メールメタデータにアクセスした可能性があることを保証しています。
しかし2日後、ハッカーが実際に電子メールの内容を読むことができたとの報告が浮上しました。

マイクロソフトは、このセキュリティ侵害の最新のエスカレーションにはまだ対応していません。
これは、独立系セキュリティ評価者が弱い秘密鍵を推測して何百万ものエーテルで盗んだ「ブロックチェーン泥棒」について報告した1週間後のことです。

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事