仮想通貨をネズミ講で集め起訴

5月23日に発表されたプレスリリースによると、米国証券取引委員会(SEC)は、カリフォルニアの居住者に対して数百万ドル規模の仮想通貨をネズミ講によって運用しているとして訴訟を起こしました。
SECは、ダニエルパチェコに対し、2017年1月から2018年3月まで、カリフォルニアに拠点を置く2つの会社、IPro Solutions LLCおよびIPro Network LLCを通じて、詐欺的な未登録の証券の募集を行ったと主張しています。
両社は、PRO通貨というデジタル通貨に変換できる「ポイント」を受け取った投資家から、2,600万ドル以上を集めたとされています。
追加の資金を寄付した投資家は、ネットワークに新しい投資家を採用することで現金手数料と追加の転換ポイントを稼ぐことができると言われました。 SECのロサンゼルス地域事務所のディレクター、ミッシェル・ウェイン・レイン氏は次のように述べています。

「パチェコは最先端のテクノロジを装って古い詐欺を隠したと主張しています。 彼は実際には単にねずみ講を運用していたのに、仮想通貨を推測する機会を提供することで投資家を魅了しました。」

SECはまた、パチェコが250万ドルの住宅と高級車を購入した際に投資家の資金を不正使用したと主張しています。
5月上旬、SECは、3000万ドル相当の資金を調達した後、確認された仮想通貨Ponziスキームを中止しました。 このスキームの背後にある、Argyle Coinは、彼が主張したダイヤモンドの再販衣装で投資家から得た資金を使ってPonziスキームを実行したと非難されました。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事