二段階認証を設定しておくことでセキュリティが強化され仮想通貨が盗まれないようにするためのアプリ「Google Authenticator」の設定方法や注意点を解説します。

Google Authenticatorの設定方法

Google Authenticatorの設定方法についてご説明します。

手順1:Google Authenticatorのインストール

Google AuthenticatorのアプリをiOSとAndroidのどちらかでインストールをしてくさい。

iOS版Android版

手順2:Google Authenticatorの設定

Google Authenticatorをインストールしてアプリを開いたら、「開始」をタップしてください。

手順3:Google Authenticatorの設定

画面上の説明を読んだら右下の「>」をタップして、次の説明を読んだらもう一度「>」をタップしてください。

アカウントを追加するために「完了」をタップしてください。

手順4:Google Authenticatorでアカウント追加

二段階認証をするために、「バーコードをスキャン」と「提供されたキーを入力」ののどちらかを選択します。

基本的に仮想通貨取引所の二段階認証するときはバーコードをスキャンするので、「バーコードをスキャン」をタップしてください。

手順5:Google Authenticatorの二段階認証登録

バーコードをスキャンしたら登録が完了します。

「Google Authenticator」のアプリが一つあれば仮想通貨取引所の二段階認証が複数出来るので、仮想通貨取引所を開設する際は必ず導入しておきましょう。

Google Authenticatorの注意点

Google Authenticatorを使用する際の注意点についてご説明します。

  1. 30秒ごとに認証番号が変わる
  2. スマホを紛失しない
  3. 端末変更時には二段階認証を解除する

上記注意点に気を付けることで二段階認証のログインが出来なくことはなくなります

管理人のまとめ

Google Authenticatorで二段階認証を設定しておくことで、仮想通貨のハッキングがされにくくなるため、安心して仮想通貨を取引することが出来ます。

なので、Google Authenticatorで二段階認証をを必ず設定するようにしてください。

iOS版Android版

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事